借金生活から抜け出すための節約

借金生活から抜け出すための節約

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

収支の見直し

収支の見直し

借金の返済をすることが苦しい場合、まず最初に行ってほしいのが収支の見直しです。

一ヶ月間、家計簿を付けてみましょう。
家賃、水道光熱費、保険料、教育費、食費、雑費、レジャー費などなど、費目別の出費を把握してください。

次に手取り収入を把握してください。
月収はいくらなのか、ボーナスも入れて年収でいくらになるのか、両方把握すると良いですね。

手取り収入から支出の合計を差し引いてみてください。
そこから、返済額を捻出することはできますか?

余裕があれば問題はありませんが、ギリギリの場合や、マイナスになる場合は考えなければいけません。

ボーナスがあればボーナスでカバーすることができます。
ボーナス払いの買い物など、ほかに用途がなければ、という話しですが。

節約が必要なケース

節約が必要なケース

手取り収入よりも支出が多い場合やギリギリの場合、節約をすることで返済を楽にすることが可能です。
また、『毎月返済はできているけど、貯金はできていない』という場合にも、節約をすることで貯金をすることが可能になるでしょう。

ただし、節約をするということは『まともな生活をしない』ということではありません。
何でもかんでもお金を遣わなければ良い!というわけではないことを覚えておきましょう。

固定費の節約

固定費の節約

固定費とは、1ヶ月の支出の中で必ずかかる決まった金額の支出のことです。
例えば、家賃や保険料がそうですね。

『家賃は手取り収入の3割を目安にすると良い』と言われていますが、借金の返済がある場合には是非3割未満に抑えてほしいと思います。
3割未満に抑えるということは、手取り20万円で6万円未満ということです。

ただし、職場までの距離があまりに離れてしまうと通勤費が高くなってしまいますし、便が悪い地域の場合買い物などの日常生活にも支障があります。
何事も兼ね合いがありますので、トータルで考える必要がありますね。

現在、住んでいる住宅の家賃は手取り収入の何割でしょうか。
今より安い物件が見つかったら、引っ越しを考えたほうが良いかもしれませんね。

また、加入している保険は適正でしょうか。
必要のない保障が付いていたり、必要以上に高額な保障の場合、見直しが必要でしょう。
さらに、年払いで減額になる場合は、ボーナスなどで年払いするとお得ですね。

自動車を持っている方は、日常的に自動車を利用していますか。
ほとんど使うことがなく、駐車場に置きっぱなしになっているという場合には、思い切って売却してしまいましょう。

駐車場を借りている場合には、駐車場代金も無駄にかかっていることになります。
自動車は必要になったらまた買うことができます。
売却をして借金返済に当てられれば、借金を大きく減らすことができます。

我慢すること

我慢すること

借金の仕方にもいろいろありますが、借金癖があって借りることが当たり前になっている人の場合、まず『我慢』することを覚えなければいけません。

お金は、ある分だけしか使えないのです。
欲しいものがあっても、お金がなければ買えないので『我慢』することが必要です。

もし、どうしても必要なものなのであれば、何かほかの物を買うことを『我慢』しなければいけません。
お金が足りないときには、何かを『我慢』してお金を貯めればいいのです。
『ある分で賄う』『ないときには我慢する』これが最低限のルールです。

何も買わなければお金が減ることはありません。
必要以上に欲しがらなければ、借金をする必要もないのです。

借金をしなければ返済をする必要はありませんし、借金地獄に悩むこともありません。
当然、返済のために節約する必要もなくなるのです。

まずは借金を増やさないこと。
着実に返済するために、収支を見直すこと。

収支の見直しをした上で可能な限り節約をして、返済額を増やしていきましょう。
完済をすれば、借金返済の悩みから解放されることができます。

ただし、どう計算しても返済は難しいという場合には、早めに専門家に相談をしてください。
債務整理で借金を軽くし、生活の立て直しを図りましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12