発想の転換!借金生活を楽しむ方法

発想の転換!借金生活を楽しむ方法

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

苦しい借金生活

苦しい借金生活

借金をして、必死に返済をしていく生活は、決して楽ではありません。
「楽じゃないどころか、ただただ苦しいばかりだ」という方も少なくないでしょう。

その借金はご自身が作ったものですか?
それとも連帯保証人になっていた知り合いの方のものでしょうか?
或いは、知らないうちに作っていた家族の借金だという方もいるかもしれませんね。

苦しい借金生活を送っていると、不思議とそれまで考えたこともないことが思い浮かびませんか。
街行く人々がみんな幸せそうに見えたり、意識したことのない出費が気になったり、気付くと食べたい物や欲しい物、やりたい事で頭がいっぱいになっていたり。

人間には欲があります。
欲があるからこそ生きていけるのです。
ですから、改めて気付いた自分の欲は、日記に書き留めておいても良いほど人生の目標になり得るでしょう。

そして、「何もない人はいない」という言葉を人に言われたり、ご自分でも言ったことがあるのではないでしょうか。
そうです、誰にでも悩みやストレス、苦痛はあるのです。
「何もない人はいない」全くその通りですね。

借金で悩む人もいれば、病気で悩む人もいるでしょう。
子どもの教育問題や親の介護、会社経営や恋愛問題、資格取得や進学問題。
配偶者の不倫や嫁姑問題。

世の中は様々な悩みやストレスが溢れています。

前向きな姿勢

前向きな姿勢

どんなことであっても前向きに考えることができたら、悩みは苦痛ではなくなるでしょう。

しかし借金生活を楽しむということは、簡単なことではありません。
というのも、借金は限られた収入の中で返済していかなければならず、収入は生活の基盤となるものだからです。
収入の中から、生活費と借金返済分を捻出しなければいけないとなると、当然節約を強いられます。

しかし返済がある限り、どんなに節約しても生活が楽になることはないのです。
こんな苦痛はないでしょう。

また、借金返済のために副業を持ってダブルワークをしたとしても、仕事を増やして大変な思いをしているのに生活は楽にならないという状況が続きます。
借金生活は、まるで長く続くトンネルのように感じられるでしょう。

しかし、そんな中でも少し前向きな気持ちを持って、自分を精神的に解放してあげるように心がけましょう。

トンネルは、出口に向かう一本道です。
返済を続けていれば、トンネルは必ず抜けることができます。

その先にどんな楽しみがありますか。
“完済すること”以外の楽しみを意識すると良いですね。

楽しみ方

楽しみ方

我慢とご褒美

借金生活の中では、我慢が付き物です。

給料日前のお金がない状態を過ごして、やっと給料日がやってきても、手放しに喜ぶことはできないでしょう。
結局、ずっと我慢が続いてしまいます。

ですから、給料日に返済分を取り分けたら、最初の3週間は必死で節約を頑張りましょう。
そして残りの数日を、頑張ったご褒美に少し優雅に過ごすのです。

我慢は後回しにせず、嫌なことほど先に持ってきましょう。

残債を書き出す

返済をする度に、残債を書き出してみましょう。
借金がどんどん減っていくことを実感することができます。

大まかに『〇〇万円くらい』という把握の仕方では、借金が減っている実感を得ることはできないでしょう。
しっかり実感することができれば、頑張って節約することにも、頑張って稼ぐことにも、我慢することにも、全ての励みになるでしょう。

ブログを始めてみる

まずは、借金ブログを探してみましょう。
意外と多いことに驚きます。
節約術や遣り繰りの仕方を知ることができたり、ストレスや不安の共有をすることで、返済にも節約にも少しの楽しみを見つけることができるでしょう。

様々なストレス発散法

借金返済のために、辞めてしまった趣味や楽しみがある方は多いでしょう。

酒やたばこを辞めた方。
ギャンブルを辞めた方。
釣りやツーリングを辞めた方。

お金がかかることを続けるのは難しいでしょう。
そこでお金が掛からない新しい趣味や楽しみを見つけることをお勧めします。

例えば、ランニングやウォーキングは、時間があれば誰でも楽しむことができます。
楽しんだ上に健康になることができるので、これはお勧めです。

また、近所の神社へのお参りを習慣にし、自分を律するのも良いですね。

図書館へ行くというのは、どうでしょうか。
図書館にある本は全て無料で読み放題です。
様々な本に加えて、雑誌や新聞があることはご存知でしょうか。
最近は喫茶スペースが充実し、美味しいコーヒーを飲みながら本を楽しむことができる図書館も増えているようです。
休日に静かな図書館で過ごすというのも、悪くないですよ。

どうせ返済しなければいけない借金ですから、できることなら苦痛は少ない方が良いですし、楽しむことができればベターでしょう。
ご本人の気持ちの持ちよう、かもしれませんね。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12