連帯保証人の変更をして欲しいのだけどできる?

連帯保証人の変更をして欲しいのだけどできる?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

連帯保証人とは

連帯保証人とは

連帯保証人は借金をする際の言わば『人的担保』のことで、借金の担保として必要な場合があります。
連帯保証人には、保証人にある3つの権利『催告の抗弁権』『検索の抗弁権』『分別の利益』が与えられていません。

催告の抗弁権がないことで、債権者が債務者より先に連帯保証人に請求をしても、返済を拒むことはできません。
先に債務者に請求をすることを要求することはできず、連帯保証人に請求があった場合には返済しなければいけません。

検索の抗弁権がないことで、債務者に財産がある場合でも、債権者が連帯保証人に請求した場合には、先に債務者に請求することを要求する権利はなく、債権者の請求に反論することはできません。

分別の利益がないことで、ほかに保証人が何人いたとしても債務者の負債を満額返済しなければいけません。
保証人の場合、保証人が複数人いれば負債を頭割りした金額を負担することになりますが、連帯保証人の場合はそれには当てはまりません。

連帯保証人は、保証人に比べて責任が重く、債務者同様の返済義務があると言っても過言ではありません。
債務者が健在で、返済能力があり、財産を所有していても、連帯保証人への請求がされた場合には返済しなければいけません。

連帯保証人になって、他人の借金で人生を狂わされたケースは非常に多くありますし、場合によっては他人の借金のせいで自己破産するケースもあります。
連帯保証人を頼まれるとき、ほとんどの方が「絶対に大丈夫だから」「迷惑はかけないから」と言いますが、連帯保証人を付けなければいけないほどの借金をするということは、そこに『絶対』はないと思わなければいけません。
どんなに親しい人でも、どんなに信頼している人でも、そこにはそれ相応の責任と危険が含まれていることをよく考えなければいけませんね。

また、連帯保証人を頼んだ人と頼まれた人の間に上下関係がある場合や、仕事上の繋がりがある場合には、断りにくいということがあるかもしれません。
しかし、そのような場合でも、「仕方がない」「断れないから」などという理由で引き受けるには、あまりにも責任が重すぎます。
その借金を背負うつもりで引き受けなければ、連帯保証人にはとてもなれないとお考えください。

連帯保証人の変更

連帯保証人の変更

では、連帯保証人は一度なってしまうと、借金の返済が終わるまでは外れることができないのでしょうか?

連帯保証人になっても、何らかの理由で連帯保証人を外してもらいたい、という状況になる場合はあるでしょう。
例えば、配偶者の借金の連帯保証人になっていたけれど、離婚することになったので外してほしい、という場合。

或いは、親しく付き合いがあった知人の連帯保証人になったけれど、徐々に付き合いがなくなり疎遠になってしまった場合。

また、仕事上の付き合いがあって連帯保証人になったものの、自分は仕事を辞めて関わりがなくなってしまった場合など。
連帯保証人には人間関係が深く関わってきますので、関係が切れたり疎遠になった場合には、連帯保証人も外してほしいと考えるかもしれませんね。

一つ気を付けなければいけないこととして、『連帯保証人は誰と契約しているのか』ということがあります。
連帯保証人になった本人にしてみれば、「債務者から頼まれて連帯保証人になった」という意識が強いでしょう。
意識が強いというより、そうとしか思っていない方が多いのではないでしょうか。

しかし実は、連帯保証人となった人が連帯保証人として契約しているのは、債務者ではなく債権者なのです。
債権者が連帯保証人になった人を「この人を連帯保証人として認めます」という形で契約をしたのです。
連帯保証人になるときに判を押したのは、債権者との契約であることを忘れてはいけません。
どんなに債務者本人に、「保証人を外してほしい」とお願いしても、債務者にはそれを決める権利など全くないのです。

ただし、債権者が認めれば連帯保証人を外れることが可能です。
外れるためには、代わりに連帯保証人になる人が必要です。
代わりになる人が債権者に連帯保証人として認められれば変更することが可能でしょう。

しかし、連帯保証人の変更は簡単にできるものではありません。
というのも、そもそもその借金の契約は連帯保証人込みの契約だからです。
ただし、絶対に無理だということではありませんので、債権者に相談してみると良いでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12