借金地獄に陥るキッカケを確認してみた

借金地獄に陥るキッカケを確認してみた

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

手軽な借金

手軽な借金

カードローンやキャッシングは、つい借金だとは思わずに利用してしまいがちです。
カードで借り入れをし、カードで返済をするカードローンやキャッシングは、まるで貯金を使うような感覚で手軽に利用してしまいます。

借り入れ限度額を貯金のように『まだ使えるお金がある』という風に考えてしまうため、限度額内で借り入れと返済を繰り返す利用率が非常に高くなっている特徴があります。

手軽な借金というのは一見便利に感じるかもしれませんが、借金だという感覚を麻痺させて使い過ぎるという落とし穴があります。
そのため、借金生活から抜け出せずに、借金地獄に陥るケースも非常に多くなっているのです。

借金地獄・・・

借金地獄・・・

では、借金地獄とはどんな状況でしょう。

・借金返済で生活もままならない状況。
・返済のために借金をしなければいけない状況。
・元金の返済ができず、利息のみを支払い続けている状況。
・利息の入金もできない状況。

このような状況になるのは、多重債務になっているか、件数は少なくても借金が多額になっているか、或いは収入がないか少なすぎることが考えられます。

借金地獄のキッカケ

借金地獄のキッカケ

借金地獄に陥るキッカケは、もちろん借金をすることです。
しかし普通に借金をして、きちんと返済できていれば、借金地獄に陥ることはありません。

例えば、多くの方が自動車ローンや住宅ローンを利用していますが、ほとんどの方が借金地獄に陥ることなく返済をしています。
では、そのような借金と、借金地獄に陥る借金の違いは、どんなところにあるのでしょう。
借金地獄に陥る主なキッカケを上げてみます。

ギャンブル

ギャンブルで借金をした場合、借金地獄に陥る確率が高くなります。
理由として、一度の借り入れを返済し続けるわけではないということ。
そして、計画的な利用と返済がしにくいところにあるでしょう。

負ければ借り入れをするため、『いつ』『いくら』の借り入れをすることになるのか、本人にも分かりません。
徐々に金銭感覚が麻痺してくると、一気に大きな金額を借り入れするようになったり、数社から同時に借り入れすることも珍しいことではありません。

負ければ借り入れをしますが、勝っても返済に充てるよりギャンブルの軍資金にしてしまったり、返済をしてもまた借り入れをしてしまうため、なかなか借り入れが減ることがなく借金地獄に陥りやすいと言えます。

買い物依存症

買い物を繰り返す買い物依存症の場合、買っても買ってもまだ買いたい気持ちが抑えられません。
買うことが目的となっているため、買ったものを使わずにタグを付けたまま放置することも珍しくはありません。
買い物は止まることがなく、買い物するためなら借金も躊躇しません。

限度額いっぱいの利用になれば、別の貸し付け業者から借り入れをしますし、お金の価値自体が変わってしまうため、借金地獄のキッカケとしては陥りやすいと言えるでしょう。

生活費の補てん

生活費が足りなくて借金をする場合、返済に困窮することは目に見えていると言っても過言ではありません。

そもそも、生活費が足りなくて借り入れをするのに、生活費の中から返済額を捻出することができるとは考えにくいですよね。
ケガや病気で一時的に収入が途絶えて生活費を借り入れする場合であれば、収入を得ることができるようになった時点で返済が可能になります。
しかし日常的に生活費が足りず、その補てんのために借金をした場合、やはり返済は困難でしょう。

そうなると、返済をするために借り入れをしたり、一度は返済してもすぐに借り入れをするなど、借り入れすることから離れることが出来なくなり、借金地獄に陥ってしまいます。
日常的な生活費の不足を解決するためには、借金以外の方法を考えるべきでしょう。

借金地獄にならないために

借金地獄にならないために

借金をする際、必ず返済計画を立てなければいけません。
また、繰り返し借金をするような場合には、すぐに別の方法を考える必要があります。

借金地獄にならないためには、必要な分を借り入れし、しっかりと返済することです。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12