連帯保証人になったときのリスクは?困ったときはどこに相談すればいい?

連帯保証人になったときのリスクは?困ったときはどこに相談すればいい?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

債権者からの請求

債権者からの請求

連帯保証人には絶対にならない!と思っていても、どうしても断れずに応じなければいけないことはあるかもしれません。

連帯保証人の責任は保証人よりも重く、債務者同様の責任を負わなければいけない場面もあります。
債権者からの請求があれば、「先に債務者に請求してください」と要求することは許されませんし、債務者に財産があることが分かっていても債権者からの請求には反論することができません。

また万が一、何らかの理由で債務者が返済できなくなった場合には、ほかに数人の保証人がいたとしても連帯保証人の保証額は借金全額となります。
保証人は数人いれば借金を人数で割って負担することになりますが、連帯保証人はほかに保証人がいたとしても全額負担することになるのです。

債務者から返済できない状況であることを知らされていたり、「自己破産をすることになりそうだ」などという報告があった場合には、債務者の相談にのることもできますし、心構えもできるかもしれません。
しかしほとんどの場合、連帯保証人には何も知らされずにいきなり債権者からの請求を受けることになります。

また、連帯保証人に請求が来る段階では、債務者がかなり長期に渡って滞納していたことが考えられますので、場合によっては期限の利益を喪失しており、原則として一括返済で請求される場合も少なくありません。
簡単に返済できる金額であれば、とにかく一度返済をして、後に債務者に請求することも可能です。(債務者に請求する権利がある。)

しかし金額が大きく簡単に返済できない場合など、一括返済に応じることができないケースでは、そのまま放置するわけにはいきません。
まずは状況をしっかり把握し、早めに専門家に相談をしましょう。

連帯保証人のリスク

連帯保証人のリスク

連帯保証人をお願いするとき、人は必ずと言っていいほど「絶対に迷惑はかけない」と言います。
つまり、連帯保証人になること自体が、『迷惑をかける恐れがあること』だということです。

完済するまで何事もなければ、連帯保証人がクローズアップされることは一度もないでしょう。
しかし債務者が滞納したり、債務整理を申請する場合には、連帯保証人に請求がきます。

例えば、任意整理や民事再生の場合には、減額になった分だけ連帯保証人に請求が来ます。
任意整理では、債務者が借金の選択をして申請することができるため、連帯保証人に迷惑をかけないためにもその借り入れを選択しないようにする例が多いようです。
しかし民事再生は債務者の全ての借金が対象となるため、連帯保証人が付いている借金も対象となり、減額になった分の請求は連帯保証人に来ます。

そして債務者が自己破産をした場合、連帯保証人になった借金の残債全てが連帯保証人に請求されます。
場合によっては、いきなり給料や預金通帳が差し押さえられる場合もあります。

連帯保証人の財産を差し押さえる場合は、前以て通知することはありません。
通知することで財産の名義を変えられる可能性があるため、先に差し押さえをして、差し押さえから1週間程度で通知が送られます。

連帯保証人が差し押さえをされた場合、連帯保証人か債務者が一括返済しなければ差し押さえを解除することはできません。
差し押さえは借金の返済が終わるまで続きますので、金額が大きくなれば連帯保証人の生活を脅かすことにもなり兼ねません。

専門家への相談

専門家への相談

連帯保証人になったことは、どんな経緯があったにせよ、本人の責任です。
しかし金額によっては対処することが難しく、連帯保証人の生活にも大きく影響してしまいます。
そのような場合には、専門家へ相談にいきましょう。

本意ではないかもしれませんが、場合によっては債務整理をすることで肩に圧し掛かった重りを軽減できるかもしれません。
重要なのは、素早い対応です。

直接専門家に相談をして、すぐにでも対策を講じてもらう必要があるでしょう。
モタモタと時間が経過してなかなか行動に移せなかったことで、差し押さえをされてしまったり、利息の請求の期限が過ぎてしまう場合もあります。
借金を専門とした弁護士など、専門家に相談をして最善の方法を見つけましょう。

尚、借金の肩代わりをしても、返済に充てた金額は債務者に請求することができます。
それも含めて、専門家に相談すると良いでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12