借金苦で希望を失っている方に伝えたいこと

借金苦で希望を失っている方に伝えたいこと

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金苦の毎日

借金苦の毎日

誰にも言えない借金に苦しみ悩み、毎日を憂鬱な思いで過ごしている方にとって、希望など持てないかもしれませんね。
借金苦の悩みは、家族でも簡単には言えるものではないでしょう。

一人で抱えた悩みは自分の中で増幅し、苛立ちさえ感じているかもしれませんね。
返済日が近づけばイライラが募り、どこからどこにお金を回せばいいのか頭を巡らせ、給料が出ても返済に回さなければいけないことにも苛立ちと虚しさを感じるでしょう。

誰にも辛さを吐露することができずに、苦しい思いをしているのではないでしょうか。

借金の悩みは、頭を離れることがないでしょう。
仕事をしていても頭の中には常にお金の悩みがあり、何をしていても楽しいと感じることがないかもしれませんね。

借金の悩みを誰にも話せないことが、人に心を開くことの全てを拒ませ、孤独感に陥ります。
さらに夜も良く眠れなくなり、食欲が低下したり、頭痛や下痢嘔吐などで悩まされる場合があります。

精神の不安定さは、必ず体にも影響するのです。
心身ともに不健康な状態では、希望など持てるはずもありませんね。

しかし全ての希望を失う必要などありません。
借金返済から解放される方法があるのです。

専門家への相談

専門家への相談

借金の返済が困難で生活が成り立たないような場合や、或いは借金返済のために借り入れをしなければいけないようなあ場合は、すぐにでも弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてください。

それは既に借金の返済が『できていない』状態です。
その状況を続けても、宝くじの当選や給料の大幅UPなど、大金でも舞い込まなければ借金の返済はできないでしょう。

借金の返済をするために借り入れをするようになると、着々と借金は増え続けます。

結果的に借り入れできる貸金業者からは全て限度額いっぱいの借り入れをしてしまい、最終的にはパンパンに膨らんだ借金を何社も抱えてどうすることもできなくなってしまいます。
そうなると返済できないため、滞納することになります。

貸金業者からは頻繁に督促の電話がかかってきて、督促状が郵便で送られてきます。
3ヶ月もすれば裁判所からの督促状が届き、一括返済を求められるでしょう。
さらに返済できなければ、今度は財産の差し押さえです。

そうならないためにも、返済が困難な状況に陥ったら弁護士か司法書士などの専門家に相談をしてください。

専門家への相談に対して、不安や緊張があるかもしれません。
しかし心配は要りません。
相手は借金問題の法律のプロです。
借金の返済が困難になって相談に訪れた人をたくさん見ています。

これまで一人で悩んで苦しんできた人にとって、専門家への相談は希望の光となるでしょう。
きっと人生を再生することができます。

希望を持ってください。
まだまだ人生は続きます。
この先の人生に希望を持てるよう、いま債務整理をすることは必要なことだと考えましょう。

債務整理はしたくないという方へ

債務整理はしたくないという方へ

債務整理をすることに抵抗を感じる方は非常に多いようです。
「債務整理をしたら人生は終わりだ」「もう生きていけない」と思う方もいます。

しかし債務整理は人生を終わりにするために申請するものではありませんし、生きることに絶望するために行うわけでもありません。
債務整理は、その先の人生をやり直すキッカケとなる制度です。
そして再び生きる希望を取り戻すことができるキッカケにもなるのです。

債務整理は国が定めた制度で、返済が困難になった方のための救済措置です。
認可されれば借金が減額されたりゼロになる場合もあります。

リスクが全くないとは言えませんが、少なからず現状よりは良い状況が待っています。

債務整理をした方のほとんどが、「やって良かった!」「もっと早くやれば良かった!」と言っています。
希望を持って、債務整理の申請をしましょう。
まずは専門家に相談をしてください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12