仕事をしていても借金苦から抜け出せない・・・

仕事をしていても借金苦から抜け出せない・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金苦になった理由

借金苦になった理由

借金苦に陥るには、それなりの経緯があるでしょう。
借金苦に陥った多くの方が、仕事をして収入を得ています。

つまり、仕事をしているにも関わらず、返済が困難な状況にあるということです。
その背景には、『無計画な借り入れ』や『状況の変化』などがあります。

「返済額について考えずに借り入れをしてしまった」
「返せるだろうと甘く考えていた」
「不景気で給料が減額になった」
「転職をして、給料が減った」

返せない借金には、必ず理由があります。

どんなに仕事を一生懸命やっていても、月々の返済額を捻出できなければ返済は困難になり、たちまち借金苦に陥ってしまいます。
考えなければいけないことは、収入と返済額のバランスです。

返済するために

返済するために

今までできなかった返済を可能にするためには、いま以上に収入を増やさなければいけません。
ダブルワークが許される職場であれば、空き時間を利用してアルバイトをするのも良いでしょう。

また、給料をもらったら優先的に借金返済に入金をして残ったお金で生活をする、節約生活で返済を可能にする方法もあります。
先取りして借金の返済をすることで、毎月確実な返済をすることができます。

ただし、返済する金額を先取りして生活費が足りなくなったからと言って、また借り入れをしてしまっては意味がありません。
今ある収入で借金の返済ができないのであれば、返済するためには何かしらの我慢や努力が必要です。

どうしても返済ができない場合

どうしても返済ができない場合

どう工夫や努力をしても返済できない場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談をしましょう。
仕事をして収入があれば、自己破産をするということはほとんどないでしょう。
任意整理か民事再生の申請をすることになります。

任意整理は、全ての借金を対象にする必要がありませんので、自動車ローンや住宅ローンなどを対象外にし、自動車や家を手放さないようにすることができます。
また、連帯保証人を立てた借金も対象から外し、連帯保証人になってくれた方へ迷惑をかけないようにすることもできます。

主に選択した借金の支払い利息をカットすることができますので、借り入れした元本だけの返済となります。
基本的に3年間で弁済することになりますが、特例で5年間まで認められています。

民事再生は今ある全ての借金が対象となります。
ただし、住宅ローンは対象外となりますので、家まで取られる心配はありません。(住宅ローンの返済は続きます)

自動車ローンが残っている場合には、自動車を没収されます。
連帯保証人を立てている借金がある場合には、その借金は連帯保証人に請求されます。

利息はカットされ、さらに元本が減額となるため、非常に返済が楽になります。
基本的に3年間で弁済することになりますが、特例で5年間まで認められています。

自己破産は今ある全ての借金が対象となります。
住宅ローン、自動車ローン、連帯保証人を立てたローン、全てが対象です。

さらに20万円を超える価値のある財産は没収され、99万円を超える現金も没収されます。
家や土地、自動車、20万円を超える価値のある宝石や高価な家具家電も没収されます。
また生命保険の払戻金や預金も没収されます。

しかし、自己破産に「全てを失う」というイメージをお持ちの方が多いようですが、実はそんなことはありません。
20万円以下の価値しかないものは、換価処分の対象とならないため、没収しても無駄になってしまいます。

要は、自己破産の対象となった債権者に、せめてもの配当として配られるお金に替えるための財産を没収するのです。
また、『自己破産をする人の生活はどうなってもいい』という考え方もないため、生活に必要な最低限の家財道具と99万円までの現金は所持することが許されています。

ただし、自己破産をするには、『返済不能である』ということが認められなければいけないので、仕事をして収入を得ている場合には認可が難しいでしょう。

借金苦から抜け出しましょう

借金苦から抜け出しましょう

収入を増やす、節約生活をする、債務整理をする。
借金苦から抜け出す方法は全くないわけではありません。

そのままジッとしていても借金苦から抜け出せないのであれば、積極的に行動を起こしてみましょう。
必ず借金苦から抜け出せるときが来ます。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12