借金と浪費癖の関係

借金と浪費癖の関係

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金を繰り返す人の特徴

借金を繰り返す人の特徴

借金を繰り返す人の多くが“浪費癖”があると言われています。
もちろん中には不運が続いて借金を繰り返せざるを得ない方もいますし、事業展開にお金の借り入れが必要だという方もいます。
計画的に借金をすることができる方の場合、それを“浪費癖”とは言いませんね。

しかし借金を繰り返してしまうという方の本当に多くが、“浪費癖”が借金の原因となっています。
『借金を繰り返す人の借金癖は治らない』と言われるのはそのためです。

“浪費癖”が治らない限り、借金を辞めることはできないのですから。
借金を『一種の病気だ』という言い方をする方もいますが、それだけ借金と“浪費癖”は治すことが難しいものだということですね。

借金をするということ

借金をするということ

一般的に借金をするということは、『お金が必要な事柄がある』という理由があります。
例えば住宅ローンや自動車ローンがそうですね。
或いは、カードローンを利用したとしても、使途や理由もなく借り入れをするようなことはないでしょう。

そして借り入れしたお金は契約した返済計画に則って、完済するまで返済を継続します。
当然のように返済できる金額しか借金をすることはありませんし、返済が困難になるほどの借り入れもしないでしょう。

しかし“浪費癖”がある人の場合、『お金が必要な事柄』というものが特になくても借り入れをしてしまいます。
財布にお金が少なくなれば補てんするようにカードローンを利用したり、自分の口座からお金を引き出すように借り入れをしてしまう傾向にあるでしょう。

借り入れをしたお金でパチンコなどのギャンブルをしたり、娯楽や日常に大金を遣ってしまうこともあります。
このような人の場合、多少痛い目にあったところで堪えることはありません。
一時的に後悔や反省をしたとしても、すぐにまた浪費をしてしまうのが特徴です。

手元の現金は簡単に遣ってしまうため、多少高額のものでも、必要かどうか疑問に思うようなものでも、あまり考えずに購入してしまいます。
“浪費癖”がある方は、心当たりがあるのではないでしょうか。

浪費癖を治すには

浪費癖を治すには

ご自身に“浪費癖”があって借金をしている場合、それが悩みの種になっていますか?
それとも治すつもりはありませんか?
また、ご家族の中に“浪費癖”があって借金をしている人がいるという方もいるでしょう。

お金の悩みは非常にシビアです。
借金は離婚の原因になる場合もありますので、慎重に考える必要がありますね。

“浪費癖”があり借金を重ねてしまう方の多くが、最終的には借金の返済が困難になり、これ以上の借り入れもできずに、行き詰ってしまいます。
変な言い方ですが、貸し付けをしてくれるところがあるうちは、借金の返済や浪費する現実から容易に逃げることができるでしょう。
お金の借り入れをすれば何とかなるからです。

しかし借金が増えていくと、いずれどこからも借り入れができなくなるときが必ず来ます。
今は総量規制で年収の1/3以上の貸し付けをしてはいけないという規定がありますので、それ以上の借り入れをすることはできません。
それでも貸してくれるところがあるとしたら、それは『闇金融』くらいしかないでしょう。

もちろん、ご自身の固い決意で生活を改善し、浪費も借金も辞めることができれば解決することができるでしょう。
しかし実際には、ご自身の意思だけでは浪費も借金も辞めることが難しいのが現実です。

既に借金が膨らんで返済が困難な場合は、債務整理をすることを考えましょう。
利息をカットする任意整理、借金の元本が減額になる個人民事再生、借金がゼロになる自己破産。
この中からご自身に合った方法を選択すると良いですね。

また、まだ借金の返済に困るほどではなく、しかし「もう借金を増やしたくない」という場合や、家族に借金が発覚して「これ以上借金を増やしてほしくない」という場合には、信用情報機関に『貸付自粛届け』を出しましょう。

この届け出はには法的な効力はありませんが、本人がローンやお金の借り入れなどに申し込みをしても審査に通ることはありません。
信用情報機関に加盟している金融機関やクレジットカード会社、貸金業者などに対して有効となっています。

家族の方に“浪費癖”があり借金がある場合には、家族がお金の管理をして遣い過ぎを防ぐ必要があるでしょう。
財布の中にある金額で済ませる、ないときは遣わない、我慢をする、ということを習慣化する必要があるため、長いスパンで管理する必要があります。
本人にお金の流れを把握してもらうために、小遣い帳や家計簿を付けさせるのも有効でしょう。

いずれにしても、借金をやめるためには“浪費癖”を治さなければいけません。
浪費をするから借金をしてしまうということを自覚しなければ、治すことは難しいでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12