金融事故があるのに借り入れをしたいんだけど・・・

金融事故があるのに借り入れをしたいんだけど・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

金融事故があると・・・

mo2535_m

金融事故とは、任意整理や特定調停、民事再生、自己破産などの債務整理をしたことがある場合や、返済の滞納など、お金の借り入れをした場合の返済に関するトラブルを指します。
このような金融事故があると、信用情報機関にその内容が登録されます。

その情報は誰でも見ることができるものではありませんが、信用情報機関に加盟している金融機関や貸金業者、クレジットカード会社などが照会すれば情報を得ることができます。

お金の借り入れを希望する申し込み者に金融事故がないか、審査をする際に必ず情報の照会をします。
ですから金融事故の事実を隠しても、必ず知られてしまうのです。

信用情報機関には金融事故だけでなく、金融機関に借り入れの申し込みをしたことや、返済が数日遅延したこと、どんな契約でいくら借り入れし、現在の残高がいくらあるのかなど、借金に関する情報の全てが登録されています。
登録情報に金融事故の事実があれば、金融機関や正規の貸金業者は貸し付けを拒否します。

つまり、審査には通らないということです。
金融事故の記録があるということは、返済能力が“低い”、或いは“ない”と見なされます。

借り入れできない期間

mo1252-m

金融事故の登録が情報として得られれば、貸し付けはしません。
しかし登録が抹消されれば、金融事故があった事実を知る由はないので、借り入れ可能となるでしょう。

つまり、金融事故を起こしてから登録が抹消されるまでの期間、お金の借り入れやローンやクレジットカードの利用ができなくなるということです。
任意整理や民事再生では3~5年、自己破産の場合7~10年程度とされています。

ただし、信用情報機関の登録は一定期間で抹消されても、金融事故を起こした金融機関や貸し付け業者ではその記録が消されることはありません。
ですから同じ業者から借り入れすることは二度とできないでしょう。

多くの場合は企業全体の情報として管理されますので、支店が変わっても利用することはできないと考えたほうが良いですね。

金融事故があっても借り入れがしたい・・

mo2697_m

債務整理をして借金苦から解放されて、それで生活が成り立てば問題はありませんね。
しかし中には、債務整理をして借金苦から抜け出したにも関わらず、さらにお金の借り入れをしたいと希望する人もいます。

借金の理由は様々でしょう。
生活していくためにどうしてもお金が足りないという方や、病気の治療にお金がかかっているということもあるかもしれません。

しかし債務整理で借金の減額をしたり、或いは借金をゼロにしておいて、さらに借金をするということになると道理が通りません。
通常、金融事故がある方に対するお金の貸し付けは、金融機関でも貸金業者でもしません。
そのことを前提に考えなければいけません。

時々、ネットや街角の貼り紙などで見掛ける『ブラックでも貸付できます!』『自己破産していても大丈夫!』などという謳い文句があります。
債務整理をしてお金の借り入れができない人にとって、どうしてもお金を借り入れしたい!という時であれば尚更、この謳い文句は魅力的に映るかもしれませんね。

しかしこのような条件でお金の貸し付けをするのは、正規の貸金業者ではありません。
間違いなく闇金融です。
闇金融は無登録で非合法な貸金業者です。

つまり、金利や取り立て方法も非合法であると考えなければいけません。
守ってくれるはずの法律が通用しない人たちです。

どんなにお金に困っている状態でも、「すぐに返せるから大丈夫」と思っていても、絶対に利用してはいけません。
闇金融を利用すると、確実にいま以上に困難で辛い状況が待っています。

例えば、任意整理や民事再生をしても生活が困難な場合は、自己破産に踏み切りましょう。
また、自己破産をしても生活していくお金に困っているという場合は、闇金などを利用せず行政に相談するようにしましょう。

安全の確保は、今すぐお金を手にすることよりも重要です。
金融事故があるにも関わらず、お金の貸し付けOK!というところがあるとしたら、それは闇金だと考えましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12