借金苦で生活がままならない方へ・・・

借金苦で生活がままならない方へ・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

生活できるということ

居間

生活が苦しいながらも、なんとか家賃を支払って、なんとか公共料金を支払って、食べて着て生きて行ければ、それは生活できている状態だと言って良いですね。
しかし、家賃の滞納、公共料金の支払いができない、食べるにも着るにも事欠く状態であれば、それは生活できているとは言えませんね。
その原因は何でしょう。

収入の少なさが原因の場合は、転職や副業を検討したほうが良いでしょう。
病気やケガで仕事ができない場合には、行政に相談することをお勧めします。
基本的な生活を成り立たせることを考えなければいけません。

中には借金苦で生活が成り立たないという方もいるでしょう。
借金の返済が重く圧し掛かって、収入だけではとても生活ができないという場合、どのような方法で解決したら良いのでしょうか。

借金苦からの脱出

mo2781_m

借金苦で生活ができないというケースでは、借金の詳細を知る必要があります。
借り入れしている貸金業者名と借り入れ残高を書き出し、借金の総額と月々の返済総額を出してください。

1ヶ月の収入と、借金の返済総額と、固定費を書き出します。
収入から、借金の返済総額と固定費の総額を差し引き、いくら残るか計算して下さい。
残った金額で生活することは可能でしょうか。

「ギリギリ生活できる」という場合は、少し頑張って節約をして、生活していきましょう。
節約生活は、決して楽なものではないかもしれません。

しかし借金苦の状態で現実的に生活を成り立たせるためには、全く努力も我慢もなく解決する方法はありません。
借金苦を抜け出して生活を成り立たせるためですから、完済すればその生活も終わります。
少しの努力や我慢が、現状を少しでも楽にするでしょう。

「生活するには少し足りない」という場合は、家賃の安いところに引っ越しをしたり、自動車を売却するなどして、ランニングコストが掛かるもので節約することを検討しましょう。
今住んでいるところが住みやすい、部屋はこれ以上減らせない、便の悪いところには住みたくない、あまり古い物件は嫌だ、など。
住む場所や物件にはそれぞれのこだわりがあるかもしれません。

しかし家賃が安くなると、それだけで生活費に余裕が生まれます。
また、「自動車がなければ困る」というケースはあるでしょうから、所持する必要があるのかどうか、よく検討してみると良いでしょう。

「どう考えても生活はできない」という場合には、債務整理を視野に入れて、弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてください。

どうにか節約をすればやっていける!というレベルでない場合、素人がどんなに考えても付け焼刃的な解決に過ぎません。
根本的な解決をするには、債務整理をすることが一番の近道です。
肩の荷を下ろすために、まずは専門家に相談をしましょう。

絶対にしてはいけないこと

mo2732_m

借金苦で生活ができない状態にある場合、絶対にしてはいけないこととして、借金の返済のためにさらに借り入れを増やすことです。

借り入れをして返済ができれば、一時的には安心できるかもしれません。
しかしその返済の仕方では借金を増やすだけで、後々返済で自分が苦しむことになるだけです。

借金の返済のために借り入れをするのはやめましょう。

死んではいけない

自殺イメージ

家族を抱えて借金苦に陥ると、家族への責任や苦しさ辛さから、“死にたい”という思考になる場合があります。
現状から逃れたい、全てを忘れたい、自分が死んで生命保険が下りれば家族への責任が立つ、死へ向かう思考はそれが最善のような錯覚さえ覚えるでしょう。

しかし死を選択することが最善なわけなどありません。
その思考は、あまりの辛さで起こった、間違った発想です。

命があれば、誰かを幸せにすることも自分が幸せになることも可能なのです。
その可能性を、ひとりで放棄してしまうのですか。
そんな勿体ないことをしないでください。
家族と一緒に笑い合い、穏やかで何でもない日常を取り戻しましょう。

自らの命を絶つということは、家族の心にどれだけの棘を残すことになるでしょう。
借金から逃れることができたら、そこに家族の笑顔がなければいけません。
もちろん、そこにはご自身もいなければいけない。

債務整理を視野に入れて、専門家に相談をしてください。
まだ道はあります!


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12