ギャンブル依存症の借金・・・

ギャンブル依存症の借金・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症

依存症の一つで、診断名は『病的賭博』と言います。
ギャンブル依存症は、意思の弱さや単なるギャンブル好きだと捉えられがちですが、疾患として治療をする必要があります。

普通の感覚では、お金がなければ「ギャンブルはしない」という選択をするでしょうし、手持ちのお金がゼロになるまでギャンブルにお金を注ぎ込むようなことはしないでしょう。
あくまでも経済的に許される範囲で楽しみ、自分でコントロールしながら遊びとして捉えることができます。

しかしギャンブル依存症になると、ギャンブルをしたいという強迫的衝動に駆られ、実際にギャンブルをやるまで落ち着かず気が済まなくなってしまいます。
ギャンブルが習慣化し、ギャンブルのことばかりを考えるようになり、注ぎ込む金額もどんどん大きくなってしまいます。

結果的に経済的な破たんを迎え、それでも借金をしてまでギャンブルを続けます。
末期的な状態になると、仕事に支障を来たしたり、家庭崩壊や借金地獄などになり、それでもギャンブルを最優先に考えてしまいます。

金銭感覚は麻痺し、次第に「1,000円や2,000円あったって、何もできないわ」などとお金に対する価値も変わってきます。
ギャンブルのことを考えない日はなく、興奮状態で損失を巻き返そうとします。
そして勝てば勝った分でさらに儲けを増やそうとし、さらに注ぎ込みます。

麻痺した金銭感覚では、小さな勝ちでは納得できず、大きく勝てなければ財布の中身が空になるまでギャンブルを続けてしまいます。

もう一つの特徴として、この状態から抜け出したいと本気で思っているのに、どうしても辞められずにイライラするなど、精神的な影響があることが挙げられます。
仕事に支障を来たし、家庭が崩壊し、借金がどんどん増えてしまった状態の中で、正常な考えができれば生活を改める努力をするでしょう。
しかしギャンブル依存症の人の場合、ギャンブルをしなければ精神的に落ち着くことができず、生活を改めることが非常に困難になってしまいます。

「自分はギャンブル依存症かもしれない」と思った方は、落ち込む必要はありません。
ご自身が『ギャンブル依存症かもしれない』ということに気付くことこそが、治療の第一歩なのです。
専門医を受診することをお勧めします。

ギャンブル依存症の借金

ギャンブル依存症の借金

ギャンブル依存症の方の多くが借金を抱えています。
逆に、ギャンブルのために借金を抱えているという方は、ギャンブル依存症を疑っても良いでしょう。

例えば、「親から1万円借りた」「友達から3千円借りている」などという方から、「消費者金融から借り入れをしている」という方や「銀行のカードローンを使っている」という方まで、どんな形であれギャンブルのためにお金を借り入れしているということは普通のことではありません。

上記でも触れましたが、金銭感覚が麻痺してしまうため、数千円のお金を投げ捨てるように遣ってしまいます。
借金があって節約しなければ返済も困難な状態であるにも関わらず、外食をしたりコンビニに入ったついでに必要のないものまで購入するなど、日常的な無駄遣いが続きます。
また、そんな状況にあっても連日ギャンブルにお金を遣います。

一般的に、借金があれば返済しなければいけないと考えます。
100万円の借金があり、収入が25万円、返済額は月々5万円の場合、まず第一にギャンブルを辞めることを考えるでしょう。
食費を抑えたり、無駄遣いをしないよう、心掛けるのが普通です。

しかしギャンブル依存症の人にはそれができません。
まず第一に、何を差し置いても『ギャンブルをやる』というところから始まります。

「今日は負けたけど、明日勝てばいい」
「明日は朝一でお金を借りてこよう」
「5万借りて10万勝てば今日の負け分を取り返してプラスになるぞ!」

こんな思考になると、帰りのコンビニで無駄遣いをしても問題ない、ということになるのです。

こうして借金は増えていき、カードローンの限度額に余裕があれば「まだ遣えるお金がある」と勘違いしてしまうのです。
それは“遣えるお金”ではなく、遣えば“借金”であることを自覚できないのです。

専門家に相談をしましょう

専門家に相談をしましょう

自力ではどうすることもできない借金を抱えてしまったら、弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてください。
債務整理をすることで、借金を減額したり、場合によってはゼロにすることも可能です。

返済できない借金を抱えてしまった場合、そのような制度に頼ることも一つの方法であると考えましょう。
抵抗がある方もいるかもしれません。
しかし返済不能の状態から、人生を再生するには並々ならぬエネルギーが必要です。

ギャンブル依存症で多くのものを失ったあなたに、そのエネルギーが残っているでしょうか。
債務整理をして、人生をやり直しましょう。

もう二度と、ギャンブルで消えていくお金を借り入れしてはいけません。
まずは専門家に相談をしてください。
きっと人生を変えることができますよ。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12