夫の借金癖・・・

夫の借金癖・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

知らない借金の発覚

知らない借金の発覚

借金発覚の多くは、自宅に送られてきた金融機関からの郵便物やたまたま見つけてしまった明細書などで知ることとなります。
或いは、本人が返済できない状況になって、助けを求める形で自白するケースもあるでしょう。
どんな形であれ、突然知ってしまった借金に驚かない人はいないでしょう。

借金があっても、しっかり返済計画を立てて本人が返済できるのであれば、全く問題はないでしょう。
それは本人に任せておけば良いですね。

しかし問題は無計画に借金をして、どんどん借金が増えているケースや、本人が返済できないケースです。

確認するために全ての借金に関して把握する必要があります。
しかし聞いたところで、本人が本当のことを言うとは限りません。
借金癖のある人は同時に嘘つきである場合が多く、決して鵜呑みにすることはできないのです。

ですから、全ての借金に関して把握するためには、信用情報機関に情報開示請求をしてください。
本人の同意があれば、奥さんの立場でも情報開示請求をすることができます。

信用情報機関に加盟している金融機関や貸金業者からの借り入れに関しては、正確に情報を知ることができます。
そして借金の総額、借入件数、契約内容、返済額などを確認して下さい。

・借入件数が多い場合
・契約年月日を確認し、長期に渡って借り入れしている場合
・借入額が大きい場合

このような場合には、借金癖があると解釈した方が良いでしょう。

借金の理由

借金の理由

借金の理由を聞くと、借金癖のある人のほとんどが理由を美化して、自分の都合のいいように正当化します。

しかしそんな話しに騙されてはいけません。
数十万円、数百万円の借金をするほどの止むを得ない理由があるとしたら、黙って一人で借金をするでしょうか。

趣味にお金をかけている人であれば、確認することは可能ですね。
しかし中には特に理由もなく、ただお金を遣いたくて借金をしている人もいます。

見栄っ張りでどんなときでも数万円入っている財布を持ち、我慢できずに欲しいものはすぐに購入し、飲みに誘われれば断ることもないでしょう。
お金に不自由することはないのに満足感も得られないのが、借金癖のある人の一つの特徴ですね。

夫に借金癖があった場合

夫に借金癖があった場合

酷い借金癖があり生活が困窮し、場合によっては生活が破綻してしまう場合もあります。

夫は人生のパートナーです。
借金癖に不安を感じたり、信用を失ってしまった場合、離婚を検討する夫婦も少なくありません。

多くは、借金を返すことができなくて離婚するということではなく、裏切られたことにメンタルが傷ついたり、信用できなくなるなど、この先の人生を一緒に生きていくことができないと感じることで離婚に踏み切るようです。
借金=離婚 ではないということですね。
夫の借金が発覚しても自分に対して真摯に向き合い、一生懸命返済をしていく姿勢が見えれば離婚にまで発展するケースは少ないようです。

しかし中には、自分の借金を妻に丸投げしたり、逆ギレして怒ったり、全く反省が見えない人もいるでしょう。
そのような場合は、信頼を回復することは非常に難しいですし、何より自分が作った借金に責任を持たず、迷惑をかけることに対して謝罪もないとなると、人間性に問題があると言えますね。

借金は返済すればなくなりますが、信頼はそんなに簡単に元に戻ることはありません。
本人の努力が必要ですし、真摯な姿勢を継続する必要があります。
本気で反省し、もう二度と繰り返さないという意思表明がなければ、妻の立場で不安を感じないわけがないのです。

借金があるということや、知らないところで借金をしていたということに、不安を感じるのは当然です。
信頼できなくなることに十分値する出来事ですので、よく話し合うことが必要ですね。

借金癖は一種の病気ですので、家族の協力がなければ簡単に治すことはできません。
結婚生活を継続するのであれば、ある種の覚悟が必要でしょう。

一生を左右する出来事になるのか、夫婦の間に起こった一つの出来事として捉えることができるのか、よく考え、よく話し合って決めると良いですね。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12