生活保護受給者のキャッシングは可能か?

生活保護受給者のキャッシングは可能か?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

キャッシング審査の条件

キャッシング審査の条件

キャッシングの申し込みをすると、必ず審査があります。
審査では、ご本人の属性や年収、勤続年数などが審査基準となります。

基本的に、金融機関でも貸付業者でも“無収入”の人への貸し付けはできません。
また、消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングでは本人の年収の1/3を超える貸し付けはできない『総量規制』があるため、生活保護受給者の場合には審査に通ること自体が非常に難しいでしょう。

生活保護の条件

生活保護の条件

そもそも、生活保護受給者のキャッシングの申し込みは禁じられています。

生活保護費を受けるには、条件があるのです。

①国が定める最低生活費より、世帯収入が低いこと
②預金、保険、不動産などの資産がない
③公的制度を利用した上で最低生活費に満たないか、利用することができない
④援助する身内がない

②の資産には、実は借金も含まれます。
そして借金の返済に生活保護費を当てることも禁じられているのです。

生活保護費は国民の税金で賄われていますので、ある程度の制限があることは仕方がないでしょう。
資産は全て現金化して生活費に充てなければいけませんし、贅沢品の購入はできません。

もしもキャッシングしたら

もしもキャッシングしたら

万が一、キャッシングをした場合には、必ず届けなければいけません。
キャッシングをした場合は、借り入れ額を収入として届けなければいけないのです。

自分の収入と借り入れ金を合わせた金額が国が定めた最低生活費を超えた場合、生活保護費の受給が停められるでしょう。
例えば、8万円の収入があり、最低生活費が14万円だった場合、生活保護費の支給は6万円となります。

しかしここで5万円の借り入れをしたとなると、生活保護費の支給は1万円となってしまいます。
さらに6万円を超える場合には、支給がストップしてしまうのです。

キャッシングしたお金は必ず返済しなければいけないため、逆に生活が苦しくなることは目に見えていますね。
また、上記にあるように生活保護費をキャッシングの返済に充てることは禁じられているため、完済するか自己破産するまでは生活保護費を受給することはできません。

もしも生活保護を受ける前に借金をしていた場合は、申請をしても審査の段階で落とされてしまうでしょう。
理由は、生活保護費を借金の返済に充てることは禁じられているからです。

そのような場合には、状況によってはまずは自己破産をして借金をゼロにして、再度申請することを勧められる場合もあります。

生活保護の捉え方

生活保護の捉え方

生活保護の制度は、現在経済的に困窮している人を助けるための制度で、決して楽して生活するためのものではありませんし、贅沢をするためのものでもありません。
そして一生受給していくということではなく、通常の生活に戻るための足掛かりとして利用するものです。

あくまでも健全な生活を取り戻すための支給であり、健康上の理由など収入を得られない期間を、国民の税金で援助するものなのです。
ですから、生活保護費を受給している方のキャッシングは控えるべきでしょう。

どうしてもお金が必要になると、手軽にできるキャッシングを利用したくなるかもしれません。
安易に考えて、「バレなければいい」と思うかもしれませんが、その安易な気持ちが信用を失うキッカケになるかもしれません。

闇金融に注意

闇金融に注意

生活保護受給者を狙った闇金融が多くなっています。
多くの生活保護受給者が、生活保護費を狙われているのです。

闇金融はお金の貸し出しをして、生活保護受給者証を預かり、申請日に役所の前で待ち合わせをします。
そして手続きをしたら再度受給者証を預かり、今度は振り込み日にATMの前で待ち合わせをします。
ATMでお金を引き出したら、すぐに返済金として全て取られてしまいます。

生活保護受給者に簡単にお金を貸すような業者が現れた場合、それは闇金融だと考えることが妥当でしょう。

どんなにお金が必要でも、絶対に闇金融を利用してはいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12