借金癖の対策は?

借金癖の対策は?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金と借金癖

借金と借金癖

家族に借金があることが発覚すると、ほとんどの方がショックを受けるのではないでしょうか。
しかし『借金がある』ということと『借金癖がある』ということは、全く別物です。
『借金がある』という方でも上手に借り入れを利用している方の場合は、全く問題はありませんし心配する必要もないでしょう。

では、『上手な利用』とはどんな利用の仕方でしょうか。

・クレジットカードで買い物をして一括返済している。
・1~2枚のカードで完済しなければ次の利用はしない。
・返済に困るような利用の仕方はしない。
・「通販だけはクレジットカード払いにしている」など、利用方法を限定している。
・リボルビング払いは利用しない。

このような使い方ができていれば、上手に利用できているといえますね。
心配はないでしょう。

『借金癖』がある場合は、上記のような計画的な使い方はできません。
借金に借金を重ね、返済のことより「いくら借りられるか」を重視します。
数社の借り入れがあり、場合によっては多重債務となっていることもあるでしょう。

また、借金をするということに抵抗はなく、罪悪感もほとんどない場合は多いようです。
それでいて、借金に関する言い訳が多く、借金をすることを自分に都合よく正当化したり、金額を少なく申告したりします。

借金癖は本人の意思だけでは借金癖を治すことはできません。

借金癖の対策

借金癖の対策

家族に借金癖があることが分かったら、どのように対策したら良いでしょう。

借金の把握

まず第一に、借金の総額、借入件数など、借金の全貌を知る必要があります。
本人が本当のことを言うとは限りませんので、信用情報機関に情報開示請求をしてください。

借金できない環境作り

同時に、借金できない環境を作ります。
借金癖は本人の意思で治せるものではありません。
一種の病気だと理解して下さい。
借金癖を治すためには、強制的に借金できない環境を作る必要があります。
信用情報機関に貸付自粛度届を提出し、借り入れできないようにしましょう。
貸付自粛制度には法的拘束力はありませんが、この届け出をすることで、信用情報機関に加盟している金融機関や貸金業者では貸し付けをすることはなくなります。
これで本人の意思とは関係なく、借り入れすることができなくなります。

返済計画

信用情報機関から書類が届き、借金の全貌を把握することができたら、次に返済計画を立てます。
返済は必ず本人にさせましょう。
肩代わりをしてはいけません。
返済できない場合には、副業を始めたり節約をするなどして、必ず本人が返済するようにしてください。
返済できない場合には、債務整理の申請をしましょう。
あくまでも本人に借金の責任を取らせることが大切です。

借金癖を治すには

借金癖を治すには

上記のことを進めていっても、必ずしも借金癖が治るとは限りません。
借金癖を治す第一歩は、『本人に自覚させること』から始まります。
「自分には借金癖がある」と自覚している人は、実はほとんどいません。
ほとんどの人が「自分には借金癖があるわけではない」と思っています。

どうしても自覚できない場合には、精神科や心療内科のカウンセリングを受けることをお勧めします。
『自覚させる』ということは、借金癖を治す第一歩でもあり、同時に『自覚させる』ことで半分克服できていると言っても良いほど重要なことです。
本人の自覚がなければ、絶対に克服できることではありません。

借金癖を治すには、家族の協力、借金できない環境、本人の自覚が必要だということです。
家族に借金癖のある人がいる場合、叱ってばかりいても全く解決にはなりません。
上記のことを参考に、しっかりと対策をして、覚悟を持って対応してください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12