生活費の補てんのための借金・・・

生活費の補てんのための借金・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金の理由

借金の理由

借金の理由を『生活費の補てん』という方は、実は非常に多くなっています。
そういう方は、“生活費が足りない”“収入が少ない”「だからお金の借り入れをする」と言います。
しかし実際のところ、本当に生活費が足りない状況の人はどれだけいるのでしょうか。

というのも、“生活費が足りない”という背景に“ギャンブルがやめられない”という人もいますし、“家計の管理が苦手”という方もいます。
無計画なお金の遣い方をしていては、生活費が足りなくなるのも当然です。

ほとんどの人は限られた収入の中で生活をしなければいけませんし、それなりに節約をしたり我慢をすることもあるでしょう。
しかし中には節約も我慢もなく簡単に借り入れの申し込みをして、『生活費の補てん』という名目で借入したお金を惜しみなく使う人もいるのです。

お金の遣い方

お金の遣い方

上記のような形で借金をする人は、生活を見直す必要があります。
自分がどんなことにお金を遣い、月にいくら使っているのかなど、ご自身のお金の遣い方を把握しなければいけません。

購入した物は、全て本当に欲しくて購入した物でしょうか。
また、それは本当に必要なものだったのでしょうか。

贅沢をすることも見栄を張ることも決して『悪』ではありません。
しかしそのために借金をしているのだとしたら、優先順位に間違いがあると言えますね。

借金をするということは、そんなに手軽で簡単なものではありません。
消費者金融であろうと、人様からお金を借りるわけですから、それなりのハードルはあるはずです。
見栄や贅沢のために借金をするなど、余程生活費に余裕のある方がすることです。

では、お金がないときにはどうしたら良いのでしょう。

必要がない出費に関しては、我慢しなければいけませんね。
例えば、給料日までの数日を給料の僅かな残金で過ごさなければいけない場合、借金をしてまで財布を膨らませるのは間違いです。
給料日前で財布の中が乏しいときは、乏しいなりの生活をしなければいけないのです。

往々にして『生活費の補てん』として借金をする人は、我慢ができない方が多いようです。
そもそも給料は決まった日に出るものです。
月給であれば月に1回決まった期日に契約に応じた金額の給料が支払われますし、週払いや日払いでも同様のことが言えます。
つまり、計画的に生活をしていれば、借金をすることなどないということです。

もちろん、中には何らかの理由で生活費が本当に足りず、止むを得ず借金をしているという方もいます。
ただし、慢性的な生活費の不足がある場合には、借金をすることで『返済』という出費を増やしてしまうので得策ではありません。

借金をするということ

借金をするということ

借金をすると、必ず返済しなければいけません。
つまり、生活費が足りなくなって借金をした場合、その『足りない生活費』からさらに返済をしなければいけないということです。
最近はカードローンもリボ払いが主流となり、完済するまでには多額の利息を支払うことになります。

借金は、つまり少しお金を出して『お金』を買うという行為です。
妙な言い方ですが、お金を出して『お金』を買う余裕があるのなら、それは是非生活費として活用するべきです。

もちろん「冠婚葬祭が重なって出費が嵩んでしまった」という場合には、一時的に借り入れをして生活費を補てんし、翌月には返済をすることができれば問題はありません。
慢性的な生活費の不足でなければ、返済することが負担になることはないでしょう。

借金をするときには、『本当に借金をする必要はあるのか』『節約や少しの我慢で生活をすることはできないか』などをよく考えて結論を出しましょう。
借金をすることが手軽になってしまった世の中ですが、借金は決して簡単なことではありません。
『必要のない借金』はしないよう、いま一度よく考えてみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12