生活苦で借金してはいけない!

生活苦で借金してはいけない!

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

生活苦に陥ったら

毎月の給料で生活が成り立たない、生活が苦しい、お金がなくて生活していくことができない。
表現はいろいろありますが、要は生活苦に陥っているということですね。
生活苦だと感じたら、まずはその原因を知る必要があります。

・無理な返済で住宅ローンを組んでしまった。
・家賃が高すぎる。
・子どもの習い事にお金がかかる。
・趣味にお金を掛け過ぎ。
・お金の管理ができない。
・給料が安い。

などなど、生活苦になる原因はいろいろあります。
生活苦から抜け出すためには、まずはその原因を取り除く必要があります。

しかし面白いことに生活苦で悩んでいる方のほとんどが、「それだけは譲れない」と言います。
つまり、『だから生活苦から抜け出せない』のです。

生活苦から抜け出すためには、原因を取り除かなければいけません。
それができないとなると、収入を増やさなければいけないでしょうね。

生活苦と借金

生活苦と借金

生活費の補てんで借金をするという方がいますが、これは絶対にしてはいけないことです。
いいえ、『絶対』ではないですね。

例えば、病気やケガで入院をして一時的に収入が途絶えてしまった場合、その間の生活費の補てんであれば問題はないでしょう。
元の収入に戻る予定があり、その収入で問題なく生活できるのであれば、良いのです。
しかし特別な状況ではなく、通常の生活の中で生活費が足りない場合、生活費の補てんのために借金をしてはいけません。

借金は、必ず返済しなければいけません。
返済はほとんどの場合、翌月から始まります。

生活費の補てんのために借金をするということは、それでなくても生活費が足りないということです。
足りない生活費の中から借金返済をするとなると、ますます生活費は足りなくなってしまいます。
そうなると、今度は借金返済のためにさらに借金をすることになり、さらに増えた借金を返済するためまた借金をしてしまう恐れがあります。

いわゆる自転車操業の状態ですね。
そうなるともう返済することは不可能です。

いずれ借り入れできない状況になってしまうので、つまり返済できるお金を用意することができなくなってしまうということです。
「自分はそうならない」「今だけお金を借りられれば、あとは何とかする」
そう思っている方も多いはずです。
その根拠はありますか?

『何とかする』とは、どうするのでしょう。
具体案がない場合は、借金するのはやめておきましょう。

借金しないで生活する方法

借金しないで生活する方法

生活苦を借金で補てんせずに、生活苦から抜け出す方法はあるのでしょうか。

まずは生活苦の原因を探ってください。
そして、先に述べたような「それだけは譲れない」という考えを捨てることです。
原因となっている支出があればその支出を控え、改めて家計の見直しをしてみましょう。

また、収入が低い場合には転職を考えるか、可能であればダブルワークも考えてみましょう。

生活苦で借金をしてしまった場合

生活苦で借金をしてしまった場合

生活苦が理由で生活費の補てんのために借金をしている場合、現在の返済状況はどうでしょう。
借金を重ねることなく、問題なく返済できているのであれば良いですね。
その場合は完済すれば返済分の金額が浮きますので、生活苦からは抜け出すことができるでしょう。
これ以上の借金を作らないことです。

しかし、『借金をして返済をしている方』『元本の返済ができずに利息の支払いだけをしている方』は、今の状況を見直さなければいけません。
現在の状況では、借金の返済はできていないということです。
それではいつまで経っても、生活苦から抜け出すことはできないですよ。

①家計の見直しをして節約が可能な費目はないか。
②副業を持って収入を増やすことはできないか。

①②を検討し、確実に返済していくことを考えなくてはいけません。

しかしどちらも不可能だという場合には、専門家に相談をして債務整理をすることを考えてください。
債務整理専門の弁護士か司法書士に相談をすると良いですね。

今のままでは、楽になる日は絶対に訪れません。
まずは電話で問い合わせをして、無料相談を利用して相談してください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12