借金の相談ができる機関はどこ?

借金の相談ができる機関はどこ?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金の相談

借金の相談

借金に関する相談ができる人が周りにいますか。
友達や会社の同僚などに気軽に相談できる環境にある人もいるかもしれませんが、ほとんどの方が「借金のことを相談できる人がいない」と言います。
場合によっては、家族にも相談できないという方もいるでしょう。

お金の相談はしにくいものですし、特に借金に関する相談など安易にすることなどできないものです。
ですから多くの方が一人で借金に関する悩みを抱えて、苦しんでいます。

相談内容

相談内容

借金に関する相談は、一般的に弁護士や司法書士にするケースが多いようです。
ある程度の方向性が決まっている場合には、弁護士や司法書士などの専門家に相談すると良いですね。
しかしどうしたら良いのか全く分からない状態で進む方向が定まっていない場合や、費用を掛けずに相談したいという場合には公共機関を利用すると良いでしょう。

借金の相談と言っても様々な内容があり、「こんなことで相談してもいいのかな・・」とさらに悩む方もいるでしょう。
例として、下記にいくつかの例を挙げてみます。

・借金の返済ができない
・借金の返済どころか生活もままならない
・貸金業者とのトラブル
・債務整理について
・闇金融かもしれない

借金の相談は非常に個人的なことですので相談しにくいと思うかもしれませんが、そんな心配は要りません。
相手は毎日相談を受けているプロですし、内容が外部に漏れることは絶対にありません。

実際に相談した方のほとんどが「もっと早く相談すれば良かった」と言っています。
躊躇することなく、相談をして心を軽くしてください。

相談できる公共機関

相談できる公共機関

借金の相談ができる公共機関は、下記の8つの機関となります。

国民生活センター、消費生活センター(独立行政法人)

悪徳業者と思われる業者に物を買わされたり、不良品を売り付けられたり、マルチ商法などのトラブルの場合。

金融庁(行政機関)

貸金業者以外の銀行等の金融機関に関する相談の場合。

警察(行政機関)

違法業者(闇金融など)の違法な取り立てや違法金利の貸し付けなどの被害に遭った場合。
また、身の危険を感じた場合や緊急を要する場合など。

日本貸金業協会(認可法人)

消費者金融などの商品やサービスに関して知りたい場合や、貸金業者とのトラブルがあった場合。

日本弁護士連合会(弁護士自治団体)

債務整理などの制度を利用して借金を整理したい場合。

日本司法書士会連合会(特別民間法人)

一定額までの借金に関して、債務整理などの制度を利用したい場合。

日本司法支援センター 法テラス(独立行政法人)

債務整理などの制度を利用したいけれど、どの弁護士に相談したら良いのか分からない場合。

日本クレジットカウンセリング協会(公益財団法人)

クレジットカード会社や信販会社について知りたい場合や、トラブルになった場合。

基本的に、上記の機関に関しては初回は無料相談となります。
ただし、弁護士や司法書士への相談の場合、無料相談のあと依頼をする段階で料金が発生します。

国民生活センターでは多重債務者相談会などを開催することもあり、多くの方の相談に応じていますので、様々な症例に対応することが可能です。
また、より専門的な相談の場合には、やはり弁護士や司法書士などの専門家に相談したほうがより早い解決を望むことができるでしょう。

相談はお早目に

相談はお早目に

相談をするタイミングに迷う方がいらっしゃいます。
「まだ大丈夫かもしれない・・」
「こんなことで相談するのは恥ずかしい」
「これくらい自分で何とかしろ!と思われないかな・・」など。

ご自分の悩みは決して小さいものではないはずなのに、内容が借金となると他人に相談することを躊躇してしまう方が多いようです。

しかし「どうしよう・・」と悩みが始まった段階で、本来はすぐにでも相談していいのです。
借金の返済が困難になってしまったり、金融機関とのトラブルや、カードローンのリボ払いがいつまでも終わらないなど、借金に関する悩みはできるだけ早めに相談することをお勧めします。
早ければ早いほど、対応する選択肢が多くなることもあります。
なるべく早めに相談してください。

借金は個人的なものであることが多く、借金苦に陥っても『自業自得だ』『自分が借りた責任だ』と自分一人で解決しようとしてドツボにハマってしまいます。
一人で解決できるものなら、そもそも悩むことなどなかったはずです。
専門家の知識を借りることで解決できることもありますし、国の制度を利用することで楽になることもあります。
躊躇せず、辛いと思ったら相談をしてみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12