結婚相手に借金癖があったら?

結婚相手に借金癖があったら?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金がある人、借金癖がある人

借金がある人、借金癖がある人

借金がある人はたくさんいます。
自動車ローンやクレジットカードでの買い物、カードローンの利用など、借金の形は様々です。
返済計画を立て、無理な返済にならない工夫をした利用ができている方は、同じ借金でも大変上手な借金だと言えるでしょう。

「来月は○○の引き落としがあるから、これ以上の利用は控えよう」
「今月は利用してないから、通販はクレジット払いでも大丈夫だな」

など、自分で借り入れに関する把握をして、収入に見合った利用ができていれば問題はないでしょう。

しかし同じ借金をしている人の中には、『借金癖』がある人がいます。
『借金癖』のある人は借金に対するハードルが非常に低く、簡単に借金を増やしてしまう傾向にあります。

繰り返し借り入れを利用し、月々の返済をしながらも完済することなく借金を重ねてしまいます。
借金の理由は本当に必要なものだとは言い難く、浪費癖があったり、欲しいものややりたいことを我慢するという発想がない場合が多いようです。
さらにギャンブル依存症や買い物依存症など何かしらの依存症があることが多く、そうなると借金癖を治すことは困難です。

結婚相手の借金

結婚相手の借金

もしも結婚相手に借金があることが分かったら、必ず本人に遣い道と借金の総額を確認して下さい。
本当のことを言うとは限りませんが、借金に気付かなかったふりで結婚話しを進めてしまうことは絶対にしてはいけません。

借金癖のある人は、嘘をつく人が非常に多いです。
借金をしていることを正当化したり、金額を誤魔化して少なく言ったりもします。
つまり保身のための嘘をつくということです。

借金の理由が、例えば自動車を購入したことで自動車ローンの返済をしているという場合や、クレジットカードで買い物をして一括返済しているという場合には、心配する必要はないと言えますね。
しかしリボルビング払いを利用したカードローンや、ギャンブル、飲食、財布にお金を補てんするため、などの場合は要注意です。
それは収入の中で生活費を賄う習慣がないということです。

結婚相手の借金癖

結婚相手の借金癖

結婚相手に借金癖がある場合、結婚に二の足を踏んでしまうかもしれませんね。
それは当然のことでしょう。

多額の借金を抱えた人と結婚をしたら、結婚生活をスタートさせると同時に借金返済生活が始まるということです。
借金をしていた本人にとってはそれまでと変わらない借金生活でも、一銭も遣っていないのに一緒に返済をしていく側の心境としては穏やかではないでしょう。

また、借金癖がある場合には、月々の返済をしていてもさらに借金を重ねる可能性が高いです。
返しても返しても借金が減るどころか増える一方では、貯金どころか生活もままならない状況になる恐れもあります。

結婚後には子どもが欲しいと考える方もいるでしょうし、家を建てたいと計画を立てている方もいるでしょう。
結婚相手に借金癖があれば、自分の人生が全て借金に台無しにされる可能性もあります。

借金癖のある結婚相手とは結婚してはいけない?

借金癖のある結婚相手とは結婚してはいけない?

では、借金癖のある人とは、絶対に結婚してはいけないのでしょうか。
ほとんどの方が「借金癖のある人はダメ」と言うでしょう。
当然、結婚を勧める人はいません。
しかし、借金癖を克服することができれば、結婚を前向きに考えることは可能でしょう。

ただし、借金癖を克服するのは簡単なことではありません。
本気で結婚を考えているのであれば、借金を全て完済し、二度と借金しないことを約束してもらいましょう。

信用情報機関に情報開示請求をして、完済したことを確認しましょう。
「そんなことをしなくても信用しているから」と思うかもしれませんが、完済したことを証明できる書類を一緒に確認することができればお互いにクリーンな気持ちで結婚を進めることが可能です。

また、信用情報機関に貸付自粛届を提出することを条件とし、借金できない環境を作ることも大切ですね。
一人で借金癖を克服することは非常に困難ですが、婚約者が傍でサポートし、『結婚する』という大きなゴールがあれば、借金癖を治すことも可能かもしれません。

しかし借金癖を治すのは一筋縄ではいきませんし、長い期間がかかります。
今ある借金をいつまでに完済するのか、具体的な目標を持つことも有効でしょう。

立ち止まってよく考えてください

立ち止まってよく考えてください

結婚を考えるほどの相手ですから、好きで大切な人ですよね。
その感情が全てを良い方に良い方に考えさせてしまう、ということがあります。

まずは立ち止まって、冷静に考えなければいけません。
結婚は一生の問題です。

また、結婚は犠牲的精神で継続できるものでもありません。
借金癖があるということは、繰り返す可能性があるということです。
一旦は完済して克服したように見えても、結婚後に新たな借金が発覚する可能性だってあるのです。
借金が発覚することそのものよりも、約束を破るという誠意のない対応にガッカリさせられるかもしれません。

借金癖は一種の病気です。
その病気に一生付き合う覚悟ができなければ、結婚は考えない方が良いかもしれませんね。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12