生活苦はお金の借り入れのせいかもしれない

生活苦はお金の借り入れのせいかもしれない

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

手軽にできる借り入れ

手軽にできる借り入れ

かつて“サラ金”と呼ばれて敬遠されていた貸金業者ですが、今では“消費者金融”と呼び名を変えてクリーンな印象になったのではないでしょうか。

背景には貸金業法の見直しによる金利の引き下げや、総量規制の制定による貸し過ぎの予防、取り立てに関する規制など、『貸す側の都合』から『借りる側の立場』に立った貸し付けが可能となったことがあると考えられます。

上記のような貸金業法の見直しは、借りる側にとっての不安材料を減らす結果となり、利用しやすくなったと言えるでしょう。
さらに、インターネットの普及によりスマホからの申し込みを可能とし、それだけ気軽に利用できるものとなりました。

しかし手軽な借り入れでも、返済は“手軽”というわけにはいきません。
申し込みも利用も気軽にすることができる借り入れですが、設定されている金利を支払いながら返済をしなければいけないのが借り入れです。

返済するということ

返済するということ

お金の借り入れをしたら、必ず返済しなければいけません。
借り入れする金額が大きくなれば、月々の返済額も大きくなってしまいます。

元々、必要があって借り入れしたお金であっても、返済の負担は場合によっては非常に大きくなってしまいます。
数社からの借り入れをしている方にとっては、1ヶ月の返済額が大きくなり、「借り入れの返済のせいで生活が苦しい」という方も少なくないでしょう。

しかし生活が苦しいから返済しなくてもいい、ということはありません。
お金の借り入れは契約です。
借り入れしたお金は、契約に則って返済していかなければいけません。

『生活がくるしい』→『返済が困難』→『放置』

これは絶対にしてはいけないパターンです。
返済が困難であることが、知らんふりをしていい理由にはならないのです。

返済のせいで生活苦になった場合

返済のせいで生活苦になった場合

しかし返済が負担となって生活苦になっている場合、何らかの対策をする必要がありますね。
まず第一に、家計の見直しをしてください。

家計の中で負担になっている費目はありませんか。
削れるところは削っていきましょう。

湯水の如くお金を遣って、『返済できない』というのはただのワガママです。
まずは家計の中で可能な限り節約を心掛けてください。

しかし中には、どう計算をしても収入が足りないという場合もあるでしょう。
『借り入れの返済をすれば生活費が足りない』『生活費を優先すれば返済ができない』そのような場合にはもっと具体的な対策が必要です。

考えられる方法として、副業を持つという方法があります。
空き時間を利用して、週に数日だけでも収入UPに繋げることができますね。
ただし、職場の規定で副業禁止となっている場合もありますので、注意が必要です。

ほかの方法として、債務整理があります。
債務整理は、利息がカットされる任意整理、借入元本が減額になる民事再生、借り入れ全額がゼロになる自己破産があります。
法律家に相談をすればどの方法が適切かを診断してもらうことができ、申し立ての依頼をすることが可能です。
まずは電話相談をして、無料相談を利用すると良いでしょう。

費用が心配で相談できないという方もいらっしゃるようですが、法律事務所では分割払いに応じているところが多くなっています。
遠慮なく費用についての相談もしてください。

さらに専門家に依頼をした時点から債務整理が認可されるまで一時的に返済義務が停止しますので、借り入れの返済をする必要がなくなります。
手続きには数ヶ月かかりますので、その間の返済分を債務整理の費用に充てることができます。
多くの方が債務整理の手続きをすることができているのが、何よりの安心材料になるのではないでしょうか。

現在、借り入れの返済で生活苦となっている方は、何らかの対策が必要です。
よく検討をして、前向きに対処しましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12