夫の借金を私の兄に肩代わりしてもらったが夫が返済しないので兄がついに・・・

夫の借金を私の兄に肩代わりしてもらったが夫が返済しないのでついに兄が・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

夫の借金を私の兄が肩代わり

夫の借金を私の兄が肩代わり

夫の借金を知ったのは、結婚をして3年目のことでした。

夫は電機メーカーに勤務しており給料もそんなに悪くはなかったのですが、夫には奨学金の返済があって家計的には楽ではありませんでした。

一度目の借金を知ったときには、80万円ほどでした。
会社の人と飲みに行くときや、付き合いでゴルフへ行くときなど、私には「会社のお金で行けるから」と言っていたのですが、その費用を借金していたようです。

そんなある日、夫は仕事を辞めてしまい、「借金がある。返済できないので当面のお金を貸してほしい」と私に言ったのです。

当時私は子どもがまだ小さく専業主婦で収入もなかったため、夫が仕事を辞めてしまったら生活はしていけません。
その上、借金の返済など、どうしたらいいのか途方に暮れてしまいました。

私は兄に相談をしました。
すると兄は「金利がもったいないから、俺が借金を肩代わりして、俺に返済してくれたらいいよ」と言ってくれたのです。

正直なところ、当時の夫には不安がありました。
仕事は辞めてしまったので工場勤務の出稼ぎに行くと言い、単身で寮に入ることも決まっていました。

兄に迷惑をかけるようなことにならなければいい・・と思っていましたが、案の定、夫から兄への送金は間隔が空き、そして全く返済しなくなってしまったのです。
何度も催促をしているうちに電話にも出なくなり、とうとう連絡が取れなくなってしまいました。

私は兄に申し訳ない気持ちでいっぱいになり、自分の生活のために仕事も始めました。
そんな中でも夫のことが心配でもありました。

懲りない夫…

懲りない夫…

音信不通になってから1年半後、夫からいきなり電話があったのです。
今どこにいるのか、仕事は続けているのか、兄への送金をしてほしい、とにかく一度戻って来なさいと本人を説得しました。

後日、夫が帰ってきました。
そしてまた「お金を貸してほしい」と言うのです。

数年前に兄に借金を肩代わりしてもらって、ほとんど返せていないのに。
一体、どの面下げてそんなことが言えるのか。

夫は出稼ぎで行った工場を1年の満期で辞め、そのあと家電量販店に勤めて仕事は真面目にやっていると言っていました。
夫は、私の兄から借りたお金は必ず返すから、もう一度だけお金を貸してほしいと頭を下げました。

聞くと、また消費者金融からお金を借りているということでした。
本人の話しでは150万円くらいだそうです。

使い道はギャンブルでした。

奨学金の返済も、一時的に止めてもらっていると言っていました。
150万円など、私ではどうすることもできず、とにかく兄と話しをすることにしました。

兄は夫の顔を見るなり表情を険しくし、「返す金を持ってきたんだろうな」と言いました。

私は、兄には申し訳なく、夫の情けなさも辛くて、涙が止まりませんでした。
夫はただうなだれて、黙っているばかりでした。

堪えていた兄が言った言葉は…

堪えていた兄が言った言葉は…

私は、二度目の借金のことを兄に話しました。
怒鳴られて、夫が追い返されるのではないかと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

兄は、相当堪えていたのだと思います。

兄は、借金の肩代わりをするのはいいけど、夫に条件があると言いました。
一つは、「信用情報機関に借金に関する情報開示を請求するから同意しろ」というものでした。

夫の借金に関する申告が本当だとは限らないので、全てを把握する必要があると考えたようです。

もう一つは、貸付自粛の申し立てをして、実質的に借り入れできない環境を作るというものでした。
申請をすれば5年間は金融機関などでお金を借りることができないそうで、強制的に借金癖を止める効果があるようです。

そしてもう一つ、「前回の分も合わせて、必ず全額返済しろ」というものでした。
「条件が飲めないなら、妹と離婚をして債務整理をしろ」と言い放った兄は、見たことがないくらい険しい表情でした。

夫は表情を曇らせていましたが、返済ができない借金があるのは事実なので、渋々でも承諾をしました。
私は兄から預かったお金を持って、夫と一緒に消費者金融で借金の完済をし、兄に明細を渡しました。

今度こそ最後まで返済して欲しい…

今度こそ最後まで返済して欲しい…

情報開示は、スマホで信用情報機関のサイトから手続きをすることができました。

夫の身分証明として免許証の画像を添付し、情報開示請求の申し込みは完了です。
思ったより簡単でした。

数日後、うちに情報開示書が届きました。
夫が言っていた以外の借金はなく、ホッと一安心しました。

そして貸付自粛の申し立ては、信用情報機関の事務所に行かなければいけませんでした。
夫には私が同行しました。

手続きは、身分証明があればできるものでした。
担当してくれた方がとても親切な方だったので、少し緊張がほぐれました。

夫が働いている市に、今度は私と子どもも一緒に行くことになりました。
二重生活では不経済なので。

夫には心機一転、頑張ってもらいたいと思います。
兄への返済は、毎月2万円、ボーナスで10万円返済することになっています。

夫には奨学金の返済が月々4万円くらいあるので、少ない返済でも今は仕方がないと思っています。
今度は最後まで返済してほしいと思います。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12