夫から借金と女性問題のダブルパンチをくらうことになった私・・・

夫から借金と女性問題のダブルパンチをくらうことになった私・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

私の家族

私の家族

私と夫は50代、子どもは3人います。

夫は単身赴任です。二重生活なので経済的には大変です。

上の息子は大学を卒業してから何度か転職をして、心配もしましたが今は落ち着いたようです。
2番目の娘は飲食店に勤めています。
3番目の娘はデパートに勤めており、私としては3人とも大人になって自分の生活ができるようになって安心していました。

子どもたちは3人とも高校を卒業すると家を出てしまい、それぞれ一人暮らしをしています。

夫の借金と女性問題…

夫の借金と女性問題…

あるとき夫が赴任先から突然家へ帰って来て「お金を貸してほしい」と言うのです。
何に使うのか聞くと、「それは言えない」と言うのですが、お金が必要なのに渡さないのも心配でした。

しつこく聞くと、借金の返済だと白状しました。
全部でいくらあるのか、何に使ったのか、思いつくままに質問をしましたが、夫の口は重く、なかなか聞き出すことはできませんでした。
何時間もかけてようやく聞き出した結果。

借金の総額は120万円。

使い道は、最初のころは主に飲み代で、どうやら通い詰めている飲み屋があったようです。
“最初のころ”というのは、最後に大きな借金を重ねることになったからです。

20万円は飲み代で消えたようです。
残りの100万円は、その飲み屋で働いている女性の旦那から請求された慰謝料だそうです。

夫は、その女性が結婚していることを知らずに付き合い、借金をしてまで店に通って、付き合っている途中で結婚していることを周りから聞かされたそうです。
別れ話もしたようですが、結局“情”に流されダラダラと付き合いを続けていたようで、そしてある日、女性の旦那から電話をもらったようです。

相手は弁護士を立てて慰謝料の請求をしてきたということでした。

話し合い

話し合い

離婚をするという考えもありましたが、経済的に独立していない私にはかえって不利です。
夫は私のしたいようにしてもいいとしか言いませんでした。

単身赴任なので、もともと別居状態です。
あとは離婚をするか、許して結婚を継続するかの決断をしなければいけません。

誰にも相談できないまま散々悩んで、結果的には離婚はしないという結論に達したのです。
情けない話しですが、やはり経済的に独立していないということがネックとなったことと、しょぼくれている夫がかわいそうにもなってしまったのです。

私のヘソクリから借金の返済を

私のヘソクリから借金の返済を

親にはとても話せませんでした。

私のヘソクリから借金の返済をすることにしたのですが、夫に現金を渡さず、私も一緒に銀行1社と消費者金融3社を回って完済をしました。
銀行ではカードローンで20万円。消費者金融では1社は30万円、1社は20万円、1社は50万円の利用をしていました。

かき集めるように借金をして慰謝料を払ったのかと思うと本当に情けなく、相手の女性に対するモヤモヤとした気持ちも消えるものではありませんでした。

私だって慰謝料を請求できます。
しかしそれは夫が「やめてくれ」と言ったのです。
「もうこれ以上関わりたくない」と言われれば、それ以上は何も言えませんでした。

複雑な思いで、夫の借金を払ったのです。
全ての借金を完済し解約をしました。

夫からの返済

夫からの返済

夫はそれから毎月3万円ずつ私に返済しています。

「自分の借金だから」と言って、「利息がないだけでも有り難い」と言っています。
その3万円は今まで私に渡していなかった単身赴任手当のようです。

夫から話しを聞いたときには、本当に気が動転しました。
まさか夫がそんなことになっているなど、想像もしません。
借金と女性のダブルパンチですから。

ショックではありましたが、単身赴任で放っておいた私にも責任があったのかもしれません。

「次はないからね!」とキツく言ったら、夫は「申し訳ない」と頭を下げていました。
当分は、私に頭が上がらないでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12