連帯保証人の借金地獄・・・ある日突然1000万円の借金を背負うことに

連帯保証人の借金地獄・・・ある日突然1000万円の借金を背負うことに

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

小さな運送会社を経営する私

小さな運送会社を経営する私

私は小さな運送関係の会社を経営する個人事業主です。

不景気の中、去年まではなんとか数名の人を使って経営を維持することができていました。
今は私と妻と長男の3人で、細々と経営している状態です。

それでも、仕事があることに感謝せずにはいられません。

個人事業主の繋がり

個人事業主の繋がり

Yさんは、車の修理工場の経営者でした。

私の運送会社のトラックや、個人で所有している車は全てYさんの修理工場のお世話になっていました。
車検や点検、様々な修理、ときには中古車を探してもらったり、タイヤを購入することもありました。

そんなYさんから連帯保証人になってほしいとお願いされたのは、2年前のことでした。

私の会社の事務所までわざわざ来て、「折り入って話しがある」と改まってとつとつと話しを始めたのです。
私も個人事業主なので、Yさんの気持ちは痛いほど分かりました。

経営資金を借り入れして、今を乗り越えればなんとかなる!そのための連帯保証人でした。
金額は1000万円。

私は、妻にも相談せずに判を押してしまったのです。
その後も妻に話すことはありませんでした。

Yさんの自己破産・・・

Yさんの自己破産・・・

連帯保証人になって1年、Yさんが自己破産をして、会社を締めたらしいと妻から聞きました。
私は足が竦みました。

「まさか・・・」という思いでYさんに電話を掛けましたが、「現在使われておりません」というアナウンスが流れるばかり。
会社にも行ってみましたが、Yさんはいませんでした。
眠れない日が数日続きました。

私のところへ銀行から連絡があり、連帯保証人である私に返済義務が移行したという内容の説明がありました。
私は銀行へ行き、何とかならないかと相談をしましたが、連帯保証人になっている以上、返済はしなければいけないという言葉を繰り返されました。

1000万円の借り入れから、残債はほとんど変わらず、利息の入金しかできていなかったことが分かりました。

地獄のような返済

地獄のような返済

それからは毎月の返済です。
月々20万円以上の返済は、本当に私を苦しめました。

会社を経営しているとは言え、妻にも誰にも話せないお金の工面は本当に大変でした。

眠れない日々、食欲は落ちて体重は一気に6kg落ちてしまいました。
妻が私の体調を心配して、病院へ行くことを勧めるほどでした。

弁護士への相談、妻への申告

弁護士への相談、妻への申告

私がとても返済できないと判断したのは、返済を1年続けたあとでした。
もう無理だと心の中で決まったとき、安堵に近い感情があったように思います。

まずは弁護士に相談に行きました。
民事再生を勧められ、借金の減額ができるということだったので私も承諾をしましたが、会社を経営し人を使っているとなると、申請が通らない可能性が高いということでした。

私はもう黙っているわけにはいかないので、妻に話しをし、会社の社員にも事情を説明しました。
妻は涙を流し、社員の落胆も目の前で見るのが辛いものがありました。
私は出来る限り知り合いにお願いをして社員の再就職先を探し、社員を送り出しました。

それからは民事再生の手続きです。
ほとんど弁護士が動いてくれるので、私は書類を揃えたり、経過を聞くくらいのことでしたが、認可されるまでの半年間は生きた心地がしませんでした。

1000万円あった借金は200万円まで減額され、月々の返済は34,000円ほどで5年間。

弁護士の尽力で、3年間の返済を5年まで伸ばしてもらうことができたそうで、感謝の気持ちが止みません。
弁護士費用の25万円も分割払いで了承していただけたので、本当に助かりました。

自分が作った借金ではありませんでしたが、200万円は真面目に返していきます。
Yさんからはあれから一切連絡はありませんが、いつか会うことができたら恨み節でも聞かせようと思っています。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12