300万円の借金が払えない・・・挙句の果てに闇金にも手を出してしまった

300万円の借金が払えない・・・挙句の果てに闇金にも手を出してしまった

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

就職が決まらず・・・

就職が決まらず・・・

僕が悪いのは分かっています。

ギャンブルが辞められず、パチンコ、競馬、競輪、競艇、なんでもやりました。
仕事は一応、父親が経営する印刷会社の社員になっていましたが、営業という名のサボりが日常でした。

大学4年の就活が史上最悪の就職氷河期と言われた年で、僕も内定を取ることはできませんでした。
父親は、一度は外の空気を吸って社会勉強をしろという考えで、僕もそれには同意していました。

しかし肝心の内定が決まらず、100近い企業に申し込みをしましたが、最終面接に残ったのは僅か2社。
その2社も不採用でした。

止むを得ず、父親の会社で雇ってもらうことになったのです。
不本意でした。

父親はそんな僕に対して、ほかの社員の手前もあってとても厳しく接してきました。
それは会社内だけじゃなく、帰宅後も続きました。
常に休まるところがなく、僕はノイローゼになりそうでした。

休みの日に家にいるのが嫌で始めたのがパチンコでした。

それからは会社が終わるとパチンコへ行き、休みの日は競輪や競馬、競艇へ行き、営業で独り立ちしてからは勤務時間内でもパチンコへ行きました。
ギャンブルをしているときは全てのことを忘れることができたのです。

内定が決まらず父親に暴言を吐かれたことも、仕事中の必要以上の厳しい言葉も、考えない時間となっていました。

借金地獄

借金地獄

ギャンブルにお金を遣い、消費者金融に手を出して、それでも辞められずに借金が徐々に膨らみ、5年で6社300万円の借金を作りました。

もうどこからも借りられなくなり、途方に暮れているとき、パチンコで有り金全部を使い切ってしまったのです。
月々の返済は13万円くらいでした。

返済もできず、パチンコもできず、目の前が真っ暗でした。

そんなとき、電柱に貼られた闇金融のチラシを見つけたのです。
『多重債務者、OK』という言葉を信じて、闇金と知りながら申し込みをしました。

借り入れできたのは5万円、そのうち振り込まれたのは45,000円でした。
利息を先に差し引かれたのです。
それからは地獄でした。

それまであった借金も返さなければいけないのに、闇金の取り立ては厳しく、給料日には回収に現れます。

元々の借金の消費者金融からも催促の電話がきたり、督促状が届くようになり、僕は頭がおかしくなりそうでした。
まさに借金地獄でした。

夜も眠れず、電話が鳴ることに怯えて、取り立てが会社の人にバレないようにするのに必死でした。

そして、とうとう消費者金融の1件が法的手段に出たため、裁判所から支払督促状が届いたのです。
その間も闇金の取り立ては続き、「払えないなら父親に請求するぞ」と脅されるようになっていました。

僕はもう、自力ではどうすることもできないと思い、殴られるのを覚悟で父親に泣き付きました。

完済と弁護士への相談

完済と弁護士への相談

案の定、父親には殴られましたが、消費者金融の借入は6社全て完済してもらうことができました。
完済してもらった分は、毎月父親に支払っています。

しかし闇金は一筋縄にはいかず、完済の約束が何度か破られました。
父親から弁護士に頼んで法的手段に出ると言われ、会社に来ている弁護士から借金専門の弁護士を紹介してもらいました。

僕は、父親の顔を潰してしまいました。

弁護士が動き、すぐに取り立てはなくなりました。
弁護士から、「今後一切、向こうに連絡をしないように」念を押され、残っている借金も返す必要はないそうです。

やっと僕の借金地獄は終わりました。
今も父親にお金を返し続けています。

ギャンブルは一切やめました。
僕には向いていないのだと思います。

返済できずに苦しんだ時期のことは忘れられないし、夢に見ることもあります。
もう二度とこんなことにならないように、父親に感謝して、仕事を一生懸命頑張ろうと思っています。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12