借金生活の中で食事の大切さ実感したお話

借金生活の中で食事の大切さ実感したお話

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

188万円の借金がまだ残っている・・・

188万円の借金がまだ残っている・・・

私には総額200万円の借金がありました。
元々、カードローンが2社80万円あり、80万円の銀行のフリーローンで完済し、完済したにも関わらずまたカードローンでお金を借りてしまい、さらにカードローンを増やしてしまった結果です。

任意整理や民事再生を考えたこともありますが、今のところ自分で返済する道を選んでいます。

使い道はいろいろです。
ネイルやエステに行くお金や、洋服やバッグを買うお金、友達と遊びに行くときのお金や生活費が足りないときにも借りていました。

なので、借金は残っているけど、ほとんどのお金が消えてなくなってしまいました。
洋服屋やバッグも流行りが終わって、今は手元に残っていません。

今、借金は188万円残っています。
この借金を返済することだけが、今の私の目的となっています。

当時、遊んでいた友達で今も連絡を取っている人はいませんし、ほとんど結婚して落ち着いてしまったので、まだ独身で借金を抱えて四苦八苦している私と付き合う人などいないでしょう。

体調を崩したとき

体調を崩したとき

元々、特に資格もなく学歴もない私なので、高収入の仕事に就くことはできません。
なので安い給料で遣り繰りしながら、少しずつでも確実に返していくしかありませんでした。

借金の返済に必死になりすぎて、一時は食事にお金をかけるのも嫌になり、毎日食パンだけの生活やカップ麺やお菓子でお腹を膨らます生活が続いたことがありました。
体調の変化に自分で気付くことはありませんでした。

体重は落ちたけど、自分では元気なつもりだったのです。
しかしそんな中、仕事で重い物を持ち上げたらそのまま目の前が真っ暗になり、倒れてしまったのです。

職場の人が病院へ連れて行ってくれたのですが、そのときの私の心境は「余計な出費は困るから、病院へは行きたくない」という感じでした。
しかし病院に連れて行ってくれたお陰で、極度な貧血であることが分かったのです。

原因はすぐに分かりました。
食生活の乱れです。
栄養のことなど、一切考えていなかったのです。

そうなると、通院と薬の処方でお金がかかりました。
変な話しですが、そんなことになるなら、きちんと食事を摂って健康でいた方がよほど経済的です。

居酒屋でのアルバイト

居酒屋でのアルバイト

私は、昼間の仕事を続けながら、夜のアルバイトも始めることにしました。

居酒屋でのアルバイトは、賄い食が出るので助かりました。
実は、目当てはそこでした。

お金をかけずに食事を摂ることができ、尚且つ収入にもなるなんて、こんなにいい話しはありませんでした。
多少、寝不足にはなりますが、食べているので元気です。
借金生活の中でも、食事のことはきちんと考えなければいけないと、つくづく思いました。

完済するまで贅沢はできませんが、居酒屋の賄い食でも今の私には十分贅沢です。

借金生活の中での食事

借金生活の中での食事

以前は、職場で食べるお昼ご飯もカップ麺やパンばかりでしたし、夜ご飯も同様でした。
今は居酒屋の収入もあるので、簡単ではありますがお昼ご飯の弁当を作ることができています。
夜は居酒屋の賄い食をいただいて、休みの日はきちんと自炊もしています。

お金の大切さと食事の重要さを痛感しています。
元気でなければ借金の返済なんてできません。

私は借金をして、たくさんのものを失いました。
友達も離れていきましたし、信用も失くしました。

当時、勤めていた会社も辞め、今は別のところに就職して、一生懸命稼いだお金を月々10万円近く失っています。
自業自得だということは分かっています。
自分のだらしなさだという自覚もあります。

しかし健康だけは失いたくないと思ってます。
健康で元気でいることが、前向きでいることの秘訣です。
頑張って、一日も早く完済したいと思います。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12