以外に丁寧な対応だった消費者金融の取り立て

以外に丁寧な対応だった消費者金融の取り立て

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

失業・・・

失業・・・

勤め先が倒産し、私は突然無職になってしまいました。

家のローンを抱え、家族は妻と高校生の娘と中学生の息子がいました。
私が無職になったことで、専業主婦だった妻はパートに出始め、私も仕事を探しました。

47歳という年齢での転職は厳しいものがありましたが、仕事が見つからないことにはどうしようもありません。
本業が見つかるまでアルバイトをすることも考えましたが、この年齢ではアルバイトもありませんでした。

妻のパート代と切り崩した貯金で生活をして、家のローンも支払うことができました。
私は数社に面接の申し込みをし、その中で3社の面接を受けることができましたが、3社とも不採用となってしまいました。

妻に言えない借金

妻に言えない借金

実は、私には妻に言えない借金がありました。
私はお酒が好きで、よく同僚や部下と飲みに行くことがあったのですが、お金が足りなくなることもあったため、銀行や消費者金融でカードを作っていたのです。
借金は全部で250万円。

無職になった段階でまだ少しだけ限度額に余裕があったため、一旦借り入れをしてそのお金を返済に充てるようにしていました。
その他、自分で遣うお金も借りていました。

仕事が見つからないまま2ヶ月が過ぎ、とうとう限度額いっぱいの利用となり、返済のための借り入れができなくなってしまったのです。

返済滞納、取り立て

返済滞納、取り立て

返済期日、私はお金を入金できないまま、どうなるのか様子を見ることにしました。
すると、消費者金融から私の携帯電話に電話がかかってきました。

女性スタッフの方で、とても親切丁寧に「お客様の返済期日でございましたが、入金が確認できませんでした。何かございましたか?」と聞かれたのです。
私は咄嗟に「すみません。忘れていました」と言うと、「かしこまりました。それではいつまでにご入金頂けますか?」と聞かれ、「明日には入金します」と口から出まかせを言ってしまったのです。

お金はないので、入金することはできません。
当然、翌日も電話がかかって来ました。

私はマズイと思ったので電話に出ることができませんでした。
すると留守番電話に「折り返しお電話いただけますか」と、今度は男性スタッフの方でしたが、とても優しい口調でした。

安心した私は折り返し電話をかけました。
すると、やはり返済期日を聞かれてしまいます。

今思えば、失業したことを言えば良かったのかもしれません。
口から出まかせは、いつまでも通用するものではありませんでした。

借り入れしていた4社から取り立ての電話がかかってくるようになり、家に督促状が届くようになりました。
内容はシンプルで、「返済が滞納しています。○月〇日までにご入金ください」というものでした。

督促状は1週間に1回程度のペースで届き、その頃には自宅にも電話がかかってくるようになりました。

妻がおかしく思わないわけがありません。
「借金でもあるの?」と聞かれましたが、もちろんシラを切り通しました。

妻にバレる

妻にバレる

私が失業をして、5ヶ月過ぎていました。
返済ができない期間は3ヶ月。

ある日、私が家に帰ると、家の近くに男性が待ち伏せしており、「〇〇さんですね?」と私の名前を聞いたのです。
消費者金融の人でした。

普通のサラリーマンのような風貌で、特に怖いことを言われることはありませんでしたが、「返済をしてほしい」ということでした。
遅延損害賠償も利息も大きくなっているため、早めに入金をしなければますます大変になると言われましたが、仕事が見つからない私にはどうすることもできませんでした。

その男とは近所の喫茶店で話しをしたのですが、その場面を妻に見られてしまい、問い詰められ、妻には借金のことを話さざるを得なくなってしまいました。

自己破産

自己破産

私は、妻に離婚をしたいと言いました。
ずっと考えていたことです。

離婚に際して、家は妻名義か長男名義にし、預貯金も全て妻に渡すつもりでした。
その上で、私は自己破産をするつもりだったのです。

妻はかなり悩んでくれましたが、子どもを守るためと家を保有するために、離婚に応じてくれました。
その間も取り立ては続きましたが、テレビや映画で見るようなハードなものではなく、担当の方が優しかったからかもしれませんが、辛い思いをすることはありませんでした。

「このままだと裁判所に訴えることになりますよ」と言われた直後、私は妻との離婚を成立させ、弁護士に自己破産の申し立てをしました。
私には何も財産らしい財産は残っておらず、離婚してすぐに実家に帰り、母と二人暮らしになっていました。
実家は母の名義ですので、取られることはありませんでした。

銀行や消費者金融には多大なるご迷惑をかけてしまいましたが、私にはこのやり方しかなかったと思います。
今はパチンコ屋で店員をしています。
二度と借金はしないつもりです。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12