過払い金返還請求のトラブル・・・

過払い金返還請求のトラブル・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

結婚するための完済

結婚するための完済

借金が110万円ありました。
私は結婚を控えており、彼氏は私の借金のことは知りません。
絶対にバレたくなかったのです。

だから、『過払い金で借金が完済できるかもしれない』という情報をネットで見たとき、「これだ!」と思ったのです。
それが結婚を1年後に控えた時期です。

借金を持ったまま結婚するわけにはいかないと考えていました。
結婚しても私も働くつもりでしたし、自分の収入で返済していけばいいとも考えましたが、やはりそのような隠し事がある状態での結婚生活のスタートは気持ちが重かったのです。

でも、私の年齢は40歳です。
完済するまで結婚を先延ばしにすることは考えたくなかったし、第一その理由が思い付きません。
「借金の完済まで待って」などとは、とても言えませんでした。

そこで過払い金の調査をしてもらって、完済するつもりだったのです。

過払い金で完済・・のつもりが

過払い金で完済・・のつもりが

私はインターネットで司法書士を探し、早速過払い金の相談に行きました。
その司法書士に決めたのは、成功報酬がほかよりも少しだけ安かったからです。

司法書士の方はまだ若く、とても相談しやすい雰囲気でした。
私は専門家だという安心感を持って、借金についての相談をしました。

私の借金は3社から、総額110万円、毎月4万ほどの返済をしていました。
3社とも古くからの借金で、過払い金があることが想定できました。
法の改正が行われてからの借金は1社もなかったので、3社とも過払い金があるだろうというお話しでした。

調査の結果、やはり過払い金がありました。
金額は105万円が返還されるということでしたので、私は正式に過払い金の返還請求を依頼しました。
105万円が返還されたら、まず成功報酬を支払って、残金で全てを完済しようと考えたのです。

しかし実際に払い戻された金額は、80万円でした。
過払い金で完済することができなかったのです。

過払い金で完済できないということ

過払い金で完済できないということ

過払い金で完済できなかったことで、私は債務整理をすることになったのです。

そんな話しがあるでしょうか。
私は債務整理をするつもりなどなかったのです。
ただ、過払い金の金額を確認して、可能であれば借金の完済をしようと考えていたのです。
債務整理などするくらいなら、過払い金を請求したりはしませんでした。

完全な司法書士の説明不足です。
そして不完全な調査の結果だと思います。

債務整理をしたという事実は、ブラックリストに載るそうです。
私はブラックリストに載ってしまったのです。
お陰で、自動車ローンを組むことも、クレジットカードを作ることもできません。
余程、司法書士を訴えようとも考えましたが、とにかくそんなことが明るみに出ることは避けたかったのです。

任意整理という債務整理をすることになり、借金の返済額は減りました。
彼には話すことができませんし、結婚の話しは着々と進んでいます。
結婚後も隠れて借金の返済をすることになります。
とても気持ちが重いです。

反省点

反省点

過払い金請求が思うようにならず、こんな結果になってしまいましたが、その原因の一つに成功報酬で司法書士を決めてしまったということがあると思います。
今思えば、年齢も若く経験も少なかったことが考えられます。
そして私自身も過払い金返還請求に関する知識が無さ過ぎだったと思います。

とにかく彼にバレないように、バレずに何とかしようと、それしか考えていなかったので専門的な知識など一切なかったのです。
専門家に相談するのだからいいだろう、と思っていたのです。

しかしそれが甘かったと思います。
私に知識があったら、こんな結果になる前に何とかできたような気がします。

彼には話すつもりはありません。
今はただ、早く完済できるように頑張るのみです。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12