多重債務者になってしまう人の特徴とは?

多重債務者になってしまう人の特徴とは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金の下手な利用で…

借金の利用

借金をする背景には様々な理由があります。

借金全てが悪いことだというわけではありませんし、借金で救われる場面もあるでしょう。
しかし、それは上手に利用するということが前提です。

借金は下手な利用の仕方で地獄を見ることもありますし、全てを失ってしまう場合もあるということを忘れてはいけません。

多重債務になる原因

多重債務になる原因

『借金をする』ということの中で、まずやってはいけないことのひとつに、多重債務があります。

多重債務とは、いくつもの金融機関から借り入れをして、借金の総額をどんどん増やしてしまうことです。

多重債務者にはいくつかの特徴があり、ほとんどの場合似たような経緯をたどります。

最初の借り入れは、それぞれの理由があるでしょうし、そこに問題があることはほとんどの場合ないでしょう。
しかし一度借り入れをしたあと、借金に対する勘違いをしてしまう場合が多いようです。

借金を繰り返す傾向として、「今を乗り越えれば」という安易な気持ちで借金を増やしてしまったり、「何とかなるだろう」と返済計画も立てずに借り入れをしてしまう傾向はあるようです。

借金は、必ず返済しなければいけません。

借り入れすることでそのとき一瞬救われるかもしれませんが、その後には必ず返済をするということがついてきます。
返済のない借金などなく、考えなければいけないことは、『いくら借り入れすれば足りるか』や『いくら借り入れができるだろう』ということではなく、『毎月いくらずつの返済ならできるだろう』ということです。

返済可能な金額から借入金額や返済期間を決めなければ、結果的に返済が困難になる可能性は大きくなることが考えられます。

多重債務者になるパターン

多重債務者になるパターン

多重債務となってしまうパターンは似たような経緯を辿るでしょう。
収入に見合わない、返済能力を超えた借金をする。

借金の返済が困難となり、別の金融機関から新たな借金をして返済に充てる。

さらに返済が困難になり多重債務となり、悪徳業者から借金をしてしまう。

借金地獄に陥る

上記のどこかで気付き、引き返す方もいるでしょうし、悪徳業者に借金をする前に既に借金地獄を味わっている方もいるのではないでしょうか。

多重債務者にならないために

多重債務者にならないために

このように文章になっているものを読むと、「バカな人だな」とか「浅はかな人間のすることだ」と思うかもしれませんね。
確かにお金にルーズで借金を繰り返す人もいるでしょう。
しかし借金地獄に陥る人は、そんな人ばかりではありません。

仕事が上手くいかず一時的な借り入れだった最初の借金が、結果的に返済が困難になり、返済するためにまた一時的に他社から借りて・・・。
しかし結果的には仕事は上手くいかないまま、返済もしなければならず、その状況で生活もあり、補填を繰り返した結果、気か付いたら借金地獄に陥っていたというケースは少なくありません。

借り入れする金融機関が1社増えれば、当然毎月の返済額も増えてしまいます。
どこで線を引くか、どこで転じるか、あとで振り返るといくつかのチャンスはあったかもしれませんが、そのときは必死ですし、常に「今を乗り越えるため」であったのでしょう。

では、どうしたら借金地獄に陥らないで済むのでしょうか。

まず第一に、借金の返済をするために他社から借金をするということが間違いです。
借金で借金を埋めても、結果的には借金が減るどころか増えていますし、なんの解決にもなりません。
その時点で、自分の借金が返済能力を超えたものであるということを自覚しましょう。

もちろん借り入れる時点で返済できる金額かどうかを考えなくてはいけませんが、収入が変わってしまう場合もありますので、そのような場合には返済が難しいと感じた時点で専門家への相談をお勧めします。

借金地獄に陥らないコツは、その一点に尽きるのではないでしょうか。
『毎月の返済に無理がある金額は借り入れない』ということですね。

『たら』『れば』は、当てになりません。
現状をしっかりと把握して、自分の中の判断基準を正しく持ちましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12