多重債務者必見!借り入れ件数を減らすには?

多重債務者必見!借り入れ件数を減らすには?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

返済が困難な多重債務者

返済が困難な多重債務者

いくつもの消費者金融から借金をすることを『多重債務』と言います。

この多重債務の状況になると、毎月の返済が困難になり、債務者の大きな負担となるケースが多くなっています。

例えば、5社から借り入れがある場合、毎月5社への返済をしなければいけないのです。
決して安いとは言えない金利が付き、それが5社重なるということは、月々の返済が困難になるのも頷けます。

もちろんそれは借りた側の責任でもありますが、返済が困難になってしまった場合、毎月の返済ができないというケースもありますので、可能であれば返済できる形に組み直す必要があるでしょう。

おまとめローンの利用

おまとめローンの利用

そこで『おまとめローン』を利用して、複数の小口の借金を1社にまとめます。

消費者金融では50万円以下の貸し付けに関しては金利も高くなりがちなので、ひとつにまとめて金額が大きくなると金利も安くなるケースもあります。

しかし、そんなに良いこと尽くしの『おまとめローン』ですから、その審査は非常に厳しいものとなっています。
審査を通過するためには、現在ある多重債務の件数をいくつか整理することが必要となるかもしれません。

多くの場合、5社以上の多重債務があれば『おまとめローン』の審査には通りません。

例えば、借り入れ総額が250万の場合、5社からの借り入れで250万円よりも、3社からの借り入れで250万円の方が審査は通りやすくなります。
まずは、借り入れ件数を3社程度にする必要がありますね。

借り入れ件数を減らすコツ

借り入れ件数を減らすコツ

ここで、借入件数を減らすコツです。

目標は借入件数を3社以下にすることです。
5社の借り入れがある場合まず、借入額の最も少ない2社を整理します。

2社を完済させるのは難しいかもしれませんが、5社の中で2社ずつを合わせて先に小さく“おまとめ”ができれば、それがベストですね。

それが難しい場合には、親族などからお金を借りてでも3社まで減らさなければ、『おまとめローン』には通らないということを忘れないでください。

それも出来ない場合には、現在借り入れている消費者金融の中で最も返済状況が良く、返済期間が長くなっている消費者金融から、低金利の業者を選んでください。
その金融業者で融資限度額の増額を交渉し、増額されたら増額枠の中で小口の借金を完済しましょう。

完済したら解約の手続きを

解約の手続き

『おまとめローン』で借金を一本化し、多重債務を完済した際には、完済した消費者金融の契約は必ず解約の手続きを行ってください。

完済と解約は別のものです。
解約の手続きをすることで、初めて信用情報機関の借入件数が減るのです。

また、契約をそのままにしていると、また借り入れをしたくなって、せっかくおまとめローンで一本化したのに、借金を増やす結果となってしまいます。

「自分は大丈夫」「もう懲りたから」などと思っている方であっても、これまで借金を重ねてきた過去があります。
絶対に大丈夫とは言い切れません。

借金を重ねないためには、借金できる環境に身を置かないことです。
借金できない状況にするためにも、完済したところはすぐに解約してください。

おまとめローンがダメだったら…

おまとめローンがダメだったら…

おまとめローンをするために、親族からの借金や融資限度額の増額は、簡単なことではありませんね。
親族からも借りられず融資の増額もできないとなると、借り入れ件数を減らす方法は残念ながらありません。

借り入れ件数が多ければ、おまとめローンで一本化することは難しいでしょう。

ただし、申し込みをすることはできますし、金融機関に相談することはできます。
断られるのを覚悟の上で、申し込みをしてみるのも良いでしょう。

もし、おまとめローンの審査に通らず、多重債務の返済が困難な場合には、借金問題を扱う法律事務所に相談して債務整理を検討しましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12