多重債務に陥ったら債務整理をするという選択も・・・

多重債務に陥ったら債務整理をするという選択も・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

債務整理とは?

債務整理とは?

債務整理という言葉をご存知でしょうか?
読んで字の如く、“債務”を“整理”することです。

返済が困難になった借金を整理して、道を切り開く方法だとお考えください。

債務整理の方法には、任意整理』『民事再生』『自己破産の3種類があります。

ご自身で手続きすることも可能ですが、専門家に依頼することをお勧めします。
債務整理を得意としてる弁護士など、専門家に相談することで、ご自身に必要な方法で債務整理を執行することができます。

多重債務になるケースの特徴

多重債務になるケースの特徴

単純に、借金がかさんで二進も三進も行かなくなるケースは、①ある意味金銭感覚が麻痺している場合、②金銭管理が苦手な場合、③返済計画が立てられない場合、などに起こります。

このような方が借金をしてしまうと、多重債務に陥るケースが多いようです。

多くの場合、借金をして返済するために借入をし、さらにその借金を返せずに借金を増やすという、自転車操業となってしまうことが多重債務の原因となります。

まずは借金を一本化する“おまとめローン”

まずは借金を一本化する“おまとめローン”

多重債務に陥り返済がままならない状況となった場合、借金を一本化する『おまとめローン』がありますが、そのためには一本化するための低金利で大口融資の審査に通らなければいけません。

『おまとめローン』の審査は非常に厳しく、他社借り入れが5社以上の場合にはまず通りません。

まずは借り入れを3~4社以下(貸付業者による)に減らす必要がありますが、そのためにはある程度返済をして借金を減らし、小口となった借金を合わせて借り入れ件数を減らす必要があります。

しかし、実際にはそんなことができれば、『おまとめローン』など考える必要はありませんよね。

そうなると、既存の消費者金融に融資枠を広げてもらうか、親族からの借り入れなどをして、消費者金融からの借り入れ件数が3~4社以下になるように完済しなければいけません。

方法はどうあれ、借り入れ件数を3~4社以下にしなければ、『おまとめローン』の審査には通らないとお考えください。

債務整理は人生再出発のチャンス

債務整理という方法

しかし、審査も通らず、既存の消費者金融で融資枠を広げてもらうこともできず、さらに親族からの借金もできず、借り入れ件数を3~4社以下にすることができなかった場合、別の道を考える必要があります。

ほとんどの方が、この段階で絶望感でいっぱいになってしまうでしょう。
日本における自殺原因の多くが、『経済的困窮』であることは想像に容易いですね。

それくらい借金に追われて困窮し、どこへも助けを求められず、身動きもとれずに絶望してしまう方が多いということです。

しかし、日本には借金を払い切れない人に手を差し伸べる制度があります。
それが『債務整理』です。

もちろん『債務整理』を行うには勇気が要るでしょう。
ご自身が遣ってご自身が抱えた借金を、誰かに「助けてください」と言うのは簡単ではありません。

『債務整理』は、通常一般的な方法で借金を返済できない方が執る方法ですから、そのイメージは非常に悪く、できれば避けたいと考えるのも当然です。
しかし実際に借金の返済が困難である場合、むしろ債務整理をしっかり行うことがある意味の責任とも言えるのではないでしょうか。

勘違いしてはいけないことの重大な一つとして、『自殺をすることでは責任は取れない』ということがあります。
生きて、その借金を整理し、人生の再出発のチャンスを与えてもらうということは、また社会貢献できるチャンスを得ることにも繋がります。

何より、これは国が定めた制度であることを忘れてはいけません。

迷っているのであれば、まずは法律専門家に相談しましょう。

相手は専門家です。
素人が頭を並べて考えたって埒があきません。
専門家に相談をして、今度は同じ失敗をしない人生を再出発させましょう。

多重債務で二進も三進も行かず、返済もままならない状況であれば、債務整理をするということを前向きに捉えましょう。
これは決して後ろ向きな行動ではありません。
「債務整理なんてしたら、もう人生は終わりだ」などと考えているのだとしたら、それは間違いですよ。

まずはお電話やメールで相談してみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12