多重債務でおまとめローンを利用する際の注意点

多重債務でおまとめローンを利用する際の注意点

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

こんなはずではなかった…多重債務者の苦悩

多重債務者の苦悩

多重債務者の多くは、「ここまで借金を増やす気はなかった」「こんなはずではなかった」と思っているのではないでしょうか。

数社からの借り入れとなると、1ヶ月の返済は負担が大きいでしょうし、正確な借り入れの残高も把握できていないケースが多いようです。

非常に好ましくない返済の仕方として、“A社の返済のためにB社から借り入れをする”という、返済のために借金をしてしまう方法です。
このように、返済のための借り入れをしなければいけなくなったら、債務整理をすることを考えなければいけません。

借金で借金を返すということは、一切の返済はできていないということだけではありません。
一見、お金が移動しているだけに見えますが、お金が移動しているだけではなく利息分が雪だるま式に増えていくのが分かりますか。

つまり、借金をして借金を返すということで、借金を増やす結果が待っているということです。

おまとめローンとは

おまとめローンとは

いくつもの消費者金融からの借り入れで、毎月の返済が困難になったり、或いは小口の借り入れをひとつにまとめる場合など、『おまとめローン』は非常に便利に利用することができます。

それまで高い金利を何社にも支払っていたとすれば、借り入れを低金利の貸付商品にまとめるだけで金利の減少とともに元金への返済額が増えるため、借金の完済も見通しがつくと言えますね。

ただし、『おまとめローン』は良いこと尽くし!と浮かれてはいけません。

『おまとめローン』は複数の借入を一本化するものであって、借金が減るわけではありません。
それまで借り入れをしていた数社の借金をおまとめローンで完済しますので、それぞれの借り入れに利息がつき、まとめた時点で元本自体がそれまでより大きな額になります。

また、一本化するため、1社に借金の総額を借り入れするという大口の借金を抱えている状況となるのです。
借入の条件が改善されたとしても、大口の借金であるため返済期間は長くなることが想定されます。

おまとめローンの返済計画

おまとめローンの返済計画

ここでの注意点として、毎月の返済金額の設定を安易に決めないということが挙げられます。

毎月の返済金額で“返済期間”や“支払総額”が決まります。
返済期間を短くすると支払総額は減りますが、返済金額は高額となってしまいます。
高額な返済金額が負担となって、さらに借金を重ねてしまうことが分想定されます。
ですから、あまり無理な返済はお勧めできません。

逆に、返済金額を低額にした場合、ダラダラと長期に渡って返済することになってしまいます。

返済計画を立てるときには、返済金額と返済期間のバランスをよく考えましょう。

貸付業者では、「この金額であれば、月々○万円の返済で●年払いになります」と提示します。
その金額を最低ラインに、これからの返済を計画的に進めていきましょう。

返済計画:見込み収入の設定

返済計画:見込み収入の設定

借金の返済計画は、まず毎月の見込み収入を設定することから始めます。
見込み収入とは、会社員であれば毎月のお給料の固定給となります。

残業手当など、固定されていない収入は必ず入る収入ではないので、入れずに考えてください。
また、ボーナスはカットされる場合もありますので、当てにせずに考えましょう。

残業代やボーナスなどの特別収入は、いざというときのための出費として貯金することをお勧めします。
このような備えが、次の借金を生まない工夫となります。

いざというとき遣えるお金がなければ、また借金してしまう可能性があります。
備えることは、思っている以上に重要なことなのです。

返済計画:必要な生活費の差し引き

返済計画:必要な生活費の差し引き

見込み収入から、家賃や光熱費などの毎月の出費を差し引きます。
食費、保険料、ケータイ代金など、生活にかかる費用の全てを計算し、見込み収入から差し引きます。
差し引いたその残金が自由になるお金ですね。

自由になる金額から返済額を割り出せば、生活に支障のない返済計画が立てられるのではないでしょうか。

この返済計画さえきちんと立てられれば、『おまとめローン』は良いこと尽くしです。

要は、「おまとめローンにしたから大丈夫!」という安易な気持ちでは、また同じことを繰り返す危険があるということです。
肝心なのは「かならず完済する」という意思です。

その意思を持って、しっかり返済計画を立て、完済を目指しましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12