多重債務でおまとめローンを申し込む前にするべきこととは?

多重債務でおまとめローンを実行する前にするべきこととは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

おまとめローンを申し込む前に

おまとめローンを申し込む前に

多重債務になると、月々の返済が多額になりますし、混乱もするでしょう。

そこで考えるのが『借金をまとめる』ということではないでしょうか。
『おまとめローン!ご相談はお気軽に♪』などと、軽やかな謳い文句がネットなどで見られますね。

おまとめローンは、もちろん多重債務者のための救済手段ではありますが、多重債務の程度によっては審査を通過できない場合があります。
・金額が大きすぎる
・借り入れ件数が多すぎる
・返済事故がある

など、審査が通らない理由はいくつかあります。
そこで、おまとめローンの申し込みをする前にできることはやっておきましょう。

自分でできる借金の整理

自分でできる借金の整理

まず第一に小口の借金は整理しましょう。
借り入れ件数はなるべく少ないほうが良いですね。

一番少ない借り入れ金から、着実に返済していきます。
ある程度の金額になったら、限度額に合わせてまとめるようにします。

例えば、50万円の限度額で借り入れが30万円だった場合、あと20万円は借り入れすることができます。
その20万円で完済できる借り入れがあれば、完済してしまうと良いでしょう。

同じ金額の借り入れの場合、件数が少ない方が審査は通りやすくなっています。
借り入れ件数は、できれば4件以内、多くても5件までとお考えください。
6件を超えると、審査で通るのは難しいでしょう。

そうして借り入れ件数を減らして、貸付業者などの『おまとめローン』に申し込むと良いですね。

借り入れ件数は、消費者金融などでは信用情報機関で調べることができますので、虚偽の申告はすぐにバレてしまいます。
例えば、5万円の借り入れも100万円の借り入れも、借り入れ件数としては1件とカウントされますので、まずは小口の債務を整理してください。

借入先を探す

借入先を探す

ある程度、ご自身で整理することが出来たら、大口の借り入れ先を見つけます。
ただし、金利には気を付けてくださいね。

1つにまとめられたとしても、高金利のところでまとめてしまっては、意味がありません。
また、小口の借り入れを複数行い、いずれも高金利である場合、低金利で大口の借入先で借り換えをすると完済までに支払う金利に大きな差が生まれるでしょう。

ポイントは、、、
・『おまとめローン』をやっているか。
・金利は高くないか。
・いくらまでの融資が可能か。
です。

借入先の分析~返済計画

借入先の分析~返済計画

小口の借り入れを完済して、中口あるいは大口の借り入れが残った場合、残った借入先の分析をしてみましょう。

『金利』『借入総額』『支払総額』『返済期間』『その他、諸条件』

これらを把握したうえで次に行うのが、返済計画の再構築ですね。

分析すると分かるのですが、貸し付け条件は各業者によって異なります。
様々な条件の返済があり、混乱することもあるでしょう。

多重債務者の多くは、金銭管理や返済計画の構築が苦手である場合が多いので、複雑な返済計画ができればこんなことにはなっていません。
そこで『おまとめローン』を利用し、借り入れの一本化をするのです。

複数の借金をまとめて低金利の借り入れで一本化することにより、毎月支払う金利が減少し、返済額もそれまでに比べて少なくなるでしょう。

また、金利が少ないことで着実に元金を返済していくことができ、借金地獄から脱することが可能となります。
そして何より、借入先をまとめて一本化することによって、返済計画が立てやすくなり、先の見通しが立ちやすくなるでしょう。

ご自身の借金を把握していますか?

ご自身の借金を把握していますか?

まずはご自身の借金を把握して、やれることから始めましょう。

ご自身の借金について、きちんと把握できていますか?
金利は何%でしょう?
借り入れ額はそれぞれおいくらずつ残っていますか?
返済期間はそれぞれどれくらいで、完済予定はいつですか?

把握していないという方は、残高照会をして明確な金額と金利を確認してください。
しっかりと把握した上で、ご自身ができることから始めてみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12