借金の一本化は審査が厳しい?

借金の一本化は審査が厳しい?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金の一本化

借金の一本化

数社の借入れがある場合、その借入れを1社にまとめることができたら、借入れが把握しやすく返済計画が立てやすいと思いませんか。
それが『借金の一本化』で、『おまとめローン』とも言います。

借金の一本化をするためには、一本化をする金融機関の審査に通らなければいけません。

金融機関によって審査基準は異なりますが、借入れ条件が良いところほど審査は厳しくなる傾向にあります。
ですから、金利の低い銀行カードローンでは、相当厳しい審査が待っているということです。

おまとめローンの審査

おまとめローンの審査

借金の一本化、おまとめローンを利用する場合、金利や限度額など気になるところは多々ありますが、重要なのは『審査』に通ることです。

「金利が低く、限度額も十分!」とこちらが選んでも、審査に通らなければ全く意味がありません。
せっかく探して見つけた低金利のおまとめローンも、審査に通らなければ利用することはできないのです。

審査で重要視される項目を覚えておきましょう。

他社借入れ件数

実は、この借入れ件数の多さで、いきなり『お断り』が決定することもあります。
それほど重要視されているということです。

借入れ総額より、借入れ件数のほうが重視され、同じ借入れ総額でも借入れ件数が少ない方が有利となります。

銀行であれば、3社以内であればほぼ問題ありませんが、4社ではほかの審査基準次第でNGとなり、5社以上になると審査には通らないと考えましょう。
ですから、まずはご自身の借入れの中で、金額の小さいものを『完済する』か『まとめる』などして、借入れ件数を減らすことをお勧めします。

複数申し込み

また、短期間のうちに数社の業者に『おまとめローン』の申し込みをすると、審査に通りにくくなります。
1ヶ月に3社の申し込みをした場合、難しいかもしれませんね。

審査に通らなければ、どうしても「ほかへ申し込んでみよう!」という気持ちになるでしょう。
金融機関では、審査を行う際に必ず信用情報機関から情報を取り寄せます。
ですから、短期間に数社へのおまとめローンの申し込みがあったことが確認でき、それだけで要注意人物とされてしまいます。

信用情報機関に残る申し込み履歴は半年間の掲載となっていますので、半年以上過ぎてから申し込みをしたほうが良いでしょう。

返済事故情報

過去に、滞納などの返済トラブルを起こしたり、債務整理をした経緯がある場合、信用情報機関に返済事故情報として掲載されます。
3ヶ月以上の滞納、踏み倒し、債務整理など、このような情報は5~10年間は記録が残りますので、審査には通りにくくなります。

勤続年数

勤続年数は長い方が有利です。

おまとめローンの場合は、最低でも1年間は同じ会社で勤めていた方が良いでしょう。
もしもまだ1年に満たない場合は、1年経過してから申し込みをした方が通りやすいことは確実です。

審査の甘い時期がある?

審査の甘い時期がある?

実は、審査にも通りやすい時期があります。

小売業で言うところの、大売出しのようなものでしょうか。
比較的審査に通りやすい時期として、『年度末』が挙げられます。

どんな業種でも、年度末には年間売り上げを多くしようとラストスパートをかけますね。
金融業者でも同様のことが言えるのです。

嘘みたいな話しですが、年間の目標に達していなければ、多少のところは目を瞑って審査を通し、融資を増やして売り上げを上げようという動きがあるのです。

年度末は、就職や進学、転勤などで引っ越しが多くなり、消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの需要が非常に増えます。
ですから、それに便乗するように、おまとめローンも審査に通る可能性が多少高くなります。

“多少”であっても、可能性に賭けてみましょう。
もしもご自身が「審査に通りにくい要素がある」という場合には、年度末まで待って申し込みをしてみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12