多重債務者が相談できる公共機関まとめ

多重債務者が相談できる公共機関まとめ

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

多重債務者の苦痛

多重債務者の苦痛

多重債務とは数社からの借金がある状態で、そのような人のことを多重債務者と言います。

多重債務者は、初めから多重債務者だったわけではなく、最初は1件だけの借り入れだった方がほとんどでしょう。
最初の2~3社は返済も可能だったかもしれませんが、件数が増えるたびに毎月の返済が困難になっていきます。
返済が困難になると、返済のための借り入れをするようになり、借金そのものが返済に追われることで増えていくようになります。

多重債務者は数社の借金の中でグルグル回るように借金と返済を繰り返すようになり、利息が嵩むことでどんどん借金が増えていくのです。
そうなると、「次の返済は、どこからお金を引っ張ってきたらいいんだ」と毎回の返済が困難になり、最終的には返済不能という状態になってしまいます。

多重債務者の相談のタイミング

多重債務者の相談のタイミング

数社の借金の中でグルグル回るように借金と返済を繰り返しているとき、既にその先に完済がないことは分かりますね。
さらに、その返済の仕方ではいずれは返済不能になることも予測ができます。

数社からの借り入れがあっても、返済をしていけるようであれば全く問題はありません。
問題は返済が困難になっているケースです。

専門機関などに相談をするタイミングとして、返済のための借り入れをするようになったら自転車操業が始まっているということですので、もう躊躇している猶予はないと考えなければいけません。

ですから、「何社でいくらの借金になったら相談をしましょう」という風に明確な線引きをすることはできません。
それぞれの収入や状況によりますので、目安として返済のためのお金が収入から出なくなったらアウトだとお考えください。

相談する際に気を付けたいこと

相談する際に気を付けたいこと

最も危険なこととして、相談しようとした時に詐欺に引っ掛かってしまうことです。
『多重債務の相談にのります』などという広告で、弁護士でも司法書士でもない私設相談所には十分気を付けてください。

「全ての借金を一括返済するために1社からお金を借りましょう」などと言って、闇金融からお金を借りさせる詐欺団体は後を絶ちません。
もし引っ掛かってしまうと、途中で気付いても逃げられなくなる場合もあります。

相談をするのであれば、公共の相談機関か、弁護士や司法書士などの法律事務所に相談をしてください。
弁護士や司法書士の中には債務整理を専門としている方がいますので、仕事の速さや確実さなどを考慮して是非、専門弁護士や司法書士に相談をしてください。

相談内容

相談内容

多重債務者の相談には、どんなことがあるでしょう。

・借金の返済が困難
・債務整理について
・金融機関とのトラブル
・闇金融に関して

借金のことは、家族や友達には相談しにくいものです。
上記のような悩みがある場合には、弁護士や司法書士、或いは公共機関に相談をすると良いでしょう。
相談だけなら無料の所がほとんどです。

多重債務者が相談できる公共機関

多重債務者が相談できる公共機関

借金問題のために専門家の力を借りたい場合、まずは公共の相談機関を利用すると良いですね。

多重債務相談会

消費生活センターが定期的に開催しています。
>>消費生活センターのサイトはこちら

日本弁護士連合会(弁護士自治団体)

日本の弁護士は、全国の弁護士会のいずれかに登録しています。
>>日本弁護士連合会のサイトはこちら

日本司法書士会連合会(特別民間法人)

日本司法書士連合会では、電話相談にも応じています。
各地の司法書士会の電話番号は、日本司法書士会連合会のホームページで確認することができます。
>>日本司法書士会連合会のサイトはこちら

日本司法支援センター 法テラス(独立行政法人)

日本司法支援センターは、法的トラブル解決のために国が設立したものです。
>>日本司法支援センター法テラスのサイトはこちら

日本クレジットカウンセリング協会(公益財団法人)

日本クレジットカウンセリング協会では、多重債務者の生活再建を支援しています。
>>日本クレジットカウンセリング協会のサイトはこちら

日本貸金業協会(認可法人)

日本貸金業協会には全国の貸金業者が加盟しており、利用者向けの相談窓口が設置されています。
>>日本貸金業協会のサイトはこちら

金融庁(行政機関)

金融庁は銀行などの金融機関を規制監督しており、金融サービス利用者相談室も設けており、金融機関とのトラブルや金融機関との契約前にアドバイスなどに関する相談に応じています。
>>金融庁のサイトはこちら

警察(行政機関)

警察は、直接多重債務に関する相談はできませんが、違法な取立てや違法業者の被害に遭った場合に相談に応じます。
>>警察のサイトはこちら

相談は、早めにすることでいくつかの方法から選ぶことができます。
限界ギリギリになっていると方法が限られてきますので、早め早めの相談をするようにしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12