借金の一本化のメリット・デメリットを改めて確認してみた

借金の一本化のメリット・デメリットを改めて確認してみた

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金の一本化とは

借金の一本化とは

借金の一本化とは、複数の借り入れがある場合、借り入れ先を1社にまとめて返済しやすくする方法で、いわゆる『おまとめローン』のことを指します。

複数の金融会社から借り入れがあると、返済計画が立てにくく、場合によっては利息がどんどん嵩んで滞納することもあるでしょう。
そういった場合に複数の借り入れを一本化することにより、把握しやすくなり、返済計画も立てやすくなるというわけです。

仮に5社からの借り入れがあった場合、5社の借り入れ総額の融資を1社で受けて、5社全ての借り入れを完済します。
そして総額を借り入れした1社の返済をしていきます。

それまで5回あった返済日は1回になり、返済額も多少楽になるでしょう。
多重債務で返済に苦悩している方にとっては、非常に嬉しいシステムではないでしょうか。

[例]
消費者金融・A社・・・・30万円
消費者金融・B社・・・・20万円
銀行カードローン・C社・・・・50万円
銀行カードローン・D社・・・・20万円

借り入れ総額120万円

<おまとめローン>(借金の一本化)
おまとめローン・E社・・・・120万円

1社で120万円の借り入れ

一本化のメリット

借金の一本化のメリット

借金の一本化をする場合、銀行の『おまとめローン』を利用することができれば、それまで消費者金融で借り入れをしていたのであれば、金利が安くなります。
銀行以外の金融機関でも、借り入れ額が大きくなると金利は低くなりますので、一本化することで金利を低くすることは可能です。

また、数社の返済日に追われることがなくなるため、精神的にも楽になるでしょう。
月に一度の返済日に入金すれば良いので、残債も把握しやすく、計画的に返済していくことができますね。

一本化のデメリット

借金の一本化のデメリット

では、デメリットにはどんなことがあるでしょう。

借金を一本化するということは、それぞれの金利の支払いも必要になるため、借り入れ元本が各社の金利の分だけ多くなります。
また、長期に渡る返済となるため、毎月の負担が少なくなる分、返済総額は多くなってしまうのです。

さらに、一本化したことで借金が軽くなったと勘違いしやすいのもデメリットの一つと言えるでしょう。

数社の借り入れをまとめただけで、借金は減っていません。
1社からの借り入れになったことで、さらに借金を増やしやすい心理となるケースは非常に多くなっています。

一本化するために完済した貸付業者との契約は、完済した時点で解約するようにしましょう。
解約しなければ、いつまでも借入枠は存在するため、借り入れが可能となってしまいます。

せっかく一本化したのであれば、借金を増やさない工夫として、完済した数社は必ず解約しましょう。

ここまで来て、振り出しに戻るような話しになりますが。
一本化をするための審査は、非常に厳しいものとなっています。
特に金利が低い銀行では、5社以上の借り入れがあると審査に通ることが難しいでしょう。

一本化をする際に考えなければいけないこと

借金の一本化をする際に考えなければいけないこと

借金を一本化するときには、当然ですが金利の低い金融機関に相談をしましょう。

しかし審査に通らなかった場合、金利の高い貸付業者で一本化しても意味がありません。
借金が1社になるだけで、支払い負担は大きくなるでしょう。

いま一本化することが有効なのか、無駄なのか、負担を大きくするのか、よく考えて検討しなければいけません。

ただし、一本化することが決して有効ではないという場合でも、現状の返済が困難になっている場合、やはり現状を打破する必要があります。
そのような場合には、債務整理も検討してみましょう。

債務整理には、任意整理・特定調停・民事再生・自己破産があり、ご自身に合った方法を執ることができます。
債務整理は国が定めた法的措置で、借金の返済が困難な方のための制度です。
人生を再生することができるチャンスです。

まずは、債務整理専門の弁護士か司法書士など、専門家に相談をしてみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12