借金の一本化は総量規制対象外って本当?

借金の一本化は総量規制対象外って本当?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

借金の一本化

借金の一本化

借金の一本化とは、文字通り、今ある借金を1本にまとめてしまうことです。
『おまとめローン』とも言い、複数の借り入れがある場合に、返済を楽にするために利用する方法です。

「月々の返済がキツイ」
「借金が多くて、把握できなくなってしまった」
「楽に返済したい」

このような借金の悩みは、黙っていても解決できるものではありません。
何かしらの策を講じなければ、借金地獄へ落ちていくことも有り得るのです。
返済のためのお金を作るために借り入れをしなければいけない状況の場合は、今すぐにでも実行しましょう。

例えば、借り入れが5社ある場合、毎月5回の返済があり、5つの残債を把握する必要があります。
5社の借り入れに関して、きちんと返済計画が立てられているということは考えにくいことでもあります。

その5社の借り入れを1社にまとめることができれば、返済は毎月1回、1社の残債を把握すれば良いだけですし、返済計画も立て易いでしょう。
また、月々の支払い金額を減らすこともできますので、返済そのものが楽になります。

しかも一本化する金融機関の金利が低ければ、これまでの負担が嘘のように軽くなることも想定できます。
ただし、金額の大きい借り入れとなりますので、返済期間は長期になるでしょう。

借金の一本化のやり方

借金の一本化のやり方

借金を一本化するときには、まず借り入れ総額を把握しなければいけません。
借り入れ総額を1社の金融機関で融資してもらい、元々の数社の全ての借金を完済します。

つまり、借金を一本化したあとは、新たに借り入れをした1社だけになるということです。

ただし、全てを完済するためには、それぞれの利息も合わせて支払うことになりますので、一本化した借金は元々の借金の元本よりも金額は大きくなります。
借り入れ金額が大きくなると、ほとんどの金融機関や貸付業者では金利が低くなりますので、それまでよりも安い利息で負担を軽減することができます。

借金の一本化をするまでの流れ

①借り入れ総額を把握する。
②金融機関や貸付業者で借り入れ総額分の融資を受ける。
③受けた融資で借り入れを全て完済する。
④融資を受けた金融機関や貸付業者に毎月返済する。

総量規制を超える金額だった場合

総量規制を超える金額だった場合

現在、貸金業法による総量規制で、借り入れできる金額は年収の1/3までとなっています。
ただし、対象となる借り入れは、『消費者金融』『信販会社』『クレジット会社』となっています。
つまり、銀行は対象外だということです。

ということは、借金の一本化を銀行の融資で行った場合は、総量規制の対象外になるということです。

では、消費者金融で借金の一本化をする場合、借金が総量規制を超える金額であれば、一本化をすることはできないのでしょうか。
そんなことはありません。
実は、借金の一本化『おまとめローン』は、総量規制の対象外となるのです。

そこで気を付けなければいけないこととして、借金を一本化して完済した借り入れに関して、完済をしたら必ず解約をするということです。

解約手続きを行わなければ、利用限度額の枠は残っています。
つまり利用が可能な状態にあるということです。

もし万が一、再度利用するようなことがあれば、借金を一本化した意味がなくなってしまいますし、返済の負担も非常に大きなものとなってしまいます。
それだけではなく、場合によっては一本化をした金融機関から契約違反として『一括返済』を求められる可能性もあります。

「自分は大丈夫。絶対に利用しないから」と思っていても、借金できない環境を作るということも重要です。
完済をしたら解約!
必ず行いましょう。

ただし、借金の一本化をするには厳しい審査があります。
『審査に通らず、返済も困難、どうすることもできない・・・』という状況の場合には、債務整理も視野に入れて考えてみましょう。
債務整理専門の弁護士や司法書士に相談をしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12