新規借り入れ申込みの際に他社借入の嘘はバレる?

新規借り入れ申込みの際に他社借入の嘘はバレる?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

他社借入状況の質問

他社借入状況の質問

新規借り入れ申し込みをする際、氏名や住所、勤務先や勤続年数など、様々なことを質問に答える形で申告します。
その内容で審査されることになります。

質問の中には、他社借入に関する内容も含まれており、借入件数、借入総額、借入先、借入の目的などの質問があるでしょう。
他社借入が多い方は、審査に通りたい一心でつい嘘の申告をしてしまう場合があるのではないでしょうか。
借入件数を誤魔化したり、借入総額を誤魔化すなど、自分なりに「審査に通りたい」という思いで出た嘘かもしれないですね。

実はこの項目に関して、本当に正確なことを記入する人はほとんどいません。
敢えて本当のことを記入しない人もいるでしょうし、勘違いをして記入してしまった人や、把握できていなくて大体で記入する人もいるでしょう。

では、それは『本当のことを記入する必要がない』ということなのでしょうか。

信用情報機関への照会

信用情報機関への照会

貸金業者では申し込み者の審査を行う際、必ず信用情報機関への照会をします。
信用情報機関では、お金の借り入れに関する情報が登録されており、借入件数や借入額などを詳細に知ることができます。

また、返済の滞納があった場合や債務整理をした場合にも、金融事故として情報が登録されます。
ですから、もしも他社借入に関して嘘の申告をしたとしても、必ず貸金業者にバレてしまいます。

では、なぜ申し込み者にわざわざ質問をするのでしょうか。
信用情報機関で事実を確認することができるのであれば、わざわざ嘘の申告をする可能性がある本人に質問をする必要などないのではないでしょうか。

他社借入に関する質問をするのには、実は別の目的があるのです。
一つは想像できますね、真摯に質問に答えようとしているか、自分をよく見せるために嘘をつくようなことはないか、申し込み者の人間性を知るためです。

借金の返済は、完済まで上手くいくとは限りません。
何らかの理由で返済が難しくなる場合もあるでしょう。
そのような場合でも真摯に対応し、きちんと返済していくことができる人間であるかが問われています。

二つ目として。
自分の借金を把握できているか、お金の管理能力を知るためです。
何社から借り入れして、残債はいくらくらいあるのか、把握できていることが望ましいですね。

ただし、これらのことは他社借入の質問だけで判断するわけではありません。
審査は総合的に見た結果ですし、仮に他社借入に関して正直な申告をして、きちんと把握できている方であっても、借入件数が多く多額な借り入れがある場合には審査に通らない場合が多いでしょう。

他社借入の目安は?

他社借入の目安は?

他社借入は何件までOK?総額いくらまで?
新規申し込みをする際、他社借入がある方にとって件数や金額は気になるところでしょう。

しかし審査基準は各社それぞれの設定ですので、一概には言えません。
一般的に、大手貸金業者であれば3社を超えると難しいと言われており、銀行や信用金庫などの金融機関では2社を超えるとNG、中小貸金業者では4件までならOKというところもあるようです。
ただし、5社以上になると新たな借り入れをすることは難しいでしょう。

さらに、他社借入で重視しているのは、金額よりも借入件数であることを覚えておくと良いですね。
同じ金額であれば、件数が少ない方が好印象のようです。

同じ50万円の借り入れであれば、2社より1社のほうが審査に通りやすくなっています。
借入件数が多いということが、お金や借金の管理ができていないという判断に繋がります。

他社借入以外の嘘

mo1293-m

他社借入に関して嘘をついてもバレてしまうことは上記でお話ししましたが、ほかの情報に関して嘘をついた場合もバレるのでしょうか?

例えば氏名や住所、勤務先や勤続年数など、もしも嘘で申し込みをした場合はどうなるのでしょう。

場合によっては、一括返済を要求される場合があります。
また、裁判所に提訴されることもありますし、警察に通報されることもあるでしょう。

返済に問題がなければ嘘の申告でも良いか?というと、そういうことではありません。
お金の貸し付けは契約の元に行われますので、虚偽の申告があった場合、契約は無効になるでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12