総量規制をオーバーしても借りられるの?

総量規制をオーバーしても借りられるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

総量規制とは

総量規制とは

総量規制は2010年に貸金業法の改正により制定された制度です。

それまで、貸金業者では独自の審査基準により貸し付けをし、貸付金額についても各社の判断によるものでした。
ですから、4社150万円の借り入れがある方に対して、「貸し付けすることはできません」という業者がある一方で、「30万円の貸し付けができます」という業者もありました。

2010年以降、総量規制が制定されたことにより、『貸付業者は債務者に対して、年収の1/3を超える貸し付けをしてはいけない』という規定ができました。
*ただし、借り入れが年収の1/3以下でも貸し付けできないという判断は、各貸付業者によるものとします。

総量規制は借り入れ総額の減少に繋がりますので、債務者を苦しめるもののように思われがちですが、それは違います。
債務者の希望額があるにも関わらず、債権者は債務者の申し込みに対して勝手に『利用限度額』を設けます。

それが債務者の希望額よりも大きな金額だった場合、まるで「良かったですね!」とでも言うように「限度額内でご利用できます」と言うでしょう。
そして気が付くと、債務者は想定以上の借金を背負うことになってしまうのです。

利用限度額があっても使わなければ問題はありませんが、結果的には使ってしまい、多重債務者や返済できずに自己破産する人、果ては自殺者が多発しました。
この状況は社会問題となり、貸金業法の改正で総量規制が生まれたのです。

かつてサラ金と言われてた消費者金融はバブル崩壊後に市民権を得て、「サラ金からお金を借りている」ということが恥で隠さなければいけない時代は終わったのです。

減給やボーナスカットなど、多くの人がお金を借りることを必要としました。
消費者金融が急成長した時代ですね。
急成長した消費者金融がどんどん貸し付けすることで、困窮する債務者が増えていったというわけです。

ですから、貸し付けが制限される総量規制は今必要な制度だと言えるでしょう。

総量規制をオーバーしても借りられるのは・・・

総量規制をオーバーしても借りられるのは・・・

2010年以降に借り入れした借金であれば、総量規制をオーバーしているということはないでしょう。
しかしそれ以前に借り入れをしたものに関しては、総量規制をオーバーしていることも有り得ます。

現在、2010年以前からの総量規制をオーバーした借り入れ金がある場合、どうしたら良いのでしょう。
別段、どうすることもありません。
総量規制をオーバーしたままでは、それ以上の借り入れはできないというだけのことです。

通常の借り入れ同様にしっかりと返済し、総量規制内の金額まで借り入れ金を減らすことができれば、また貸金業者からの追加借り入れをすることができるでしょう。

ただし、総量規制は貸金業者のみ対象となる制度ですので、銀行や信用金庫、クレジットカード会社や信販会社のショッピングは対象外です。
ですから、貸金業者からの借り入れが総量規制をオーバーしていても、対象外の金融機関からは借り入れできる可能性があります。

「総量規制をオーバーしても借りられます」の広告は怪しい・・・

「総量規制をオーバーしても借りられます」の広告は怪しい・・・

もしも『総量規制をオーバーしても借りられます!』などという広告の貸金業者を見つけても、絶対に利用してはいけません。

総量規制が関係ない貸金業者 = 違法な貸金業者 = 闇金融 です。

街角のポスターや看板、ネット上のサイトなど、様々な場所で『総量規制をオーバーしても借りられます!』という言葉を見掛けるかもしれません。
中には真面目なサイトに感じるところもあるでしょう。

『総量規制オーバーでも借りられる方法』などと実しやかに訴える文章は、半ば信じてしまいそうになるかもしれません。
特にお金が必要な時には、その言葉は魅力的に感じるかもしれません。
しかし、絶対に借りてはいけません。

総量規制対象外の銀行でも信用金庫でもないのに貸し付けできる業者は、無登録で非合法な貸金業者です。
間違いなく闇金融です。

闇金融に手を出したら、すぐに返済することも、しっかり返済していくことも許されず、長期に渡って高い利息を取られ続けます。
絶対に、絶対に借りてはいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12