他社借入が何件までなら新たなキャッシングができるの?

他社借入は何件までなら新たなキャッシングができるの?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

便利なキャッシング

便利なキャッシング

キャッシングは、お金がちょっと必要な時や、急に要りようになったときなどに非常に重宝です。
カード1枚で手軽に借り入れをすることができますし、限度額内であれば何度でも借り入れと返済を繰り返して利用することが可能です。
きちんと返済をして上手に利用すれば、これほど便利なものはないでしょう。

しかしキャッシングの利用には、まず審査に通る必要があります。
審査内容は、その人の属性や年収、勤続年数などのほかに、他社借入件数や他社借入金額などがあります。

他社借入件数や金額に関しては、自己申告で嘘をついても、金融機関や貸付業者で信用情報機関から情報を得ることができるため、本当のことを隠すことはできません。
どうせバレてしまうのであれば、正直に申告した方が心証は良いでしょう。

最近は貸金業法の改正により、『総量規制』で年収の1/3を超える貸付はできない決まりとなってしまいましたので、既に年収の1/3の借り入れがある場合には審査は通りません。
ただし、総量規制の対象は消費者金融、クレジットカード会社、信販会社なので、対象外の銀行での借り入れは計算に入れる必要がありません。

他社借入について

他社借入について

気になるところは、他社借入があっても新たなキャッシングの審査に通るのか?ということでしょうか。

例えば、銀行や大手消費者金融は審査が厳しいと言われていますが、他社借入が3社以下であれば借り入れは可能です。
もしも3社以下の借り入れで審査が通らなかった場合は、ほかに理由があることが考えられます。

他社借入が3社以下で既に年収の1/3の借り入れがある場合には、総量規制の対象外である銀行のカードローンに申し込みをしてみると良いでしょう。
また、他社借入が4~5件ある場合には、大手は難しいかもしれませんが中小消費者金融であれば融資を受けることが可能かもしれません。
ただし、6件以上の借り入れがある場合、正規の消費者金融での借り入れは難しいでしょう。

他社借入は、第一に件数が重視され、件数が多いほど審査に通りにくくなります。
例えば、3件で200万円の借り入れがある人と、5件で200万円の借り入れがある人とでは、同じ金額でも借り入れ件数が少ない『3件で200万円』の方が審査には通りやすくなっています。
ですから件数が多い場合には、可能な限り件数を少なくするべく、少額の借り入れをまとめるなどの工夫をすると良いでしょう。

闇金融に気を付けて!

闇金融に気を付けて!

ただし、6社以上の他社借入があっても、『他社借入、何件でもOK!』と謳っている貸付業者があります。
それは間違いなく“闇金融”なので、絶対に借り入れをしてはいけません。

闇金融は、常にカモを探しています。
お金を借りたくてもどこからも借りられない人は、まさに“いいカモ”なのです。

散々あちこちで借り入れを断られた人にとって、無条件で貸し付けしてもらえるところなんて、そのときは神様のように感じるかもしれません。
しかし闇金融は安易に貸し付けをして、怒涛の取り立てをする恐ろしい貸付業者だということを忘れてはいけません。
無登録で非合法な闇金融は貸金業法などお構いなしです。

ですから違法となっていることでも平気で行動に移しますし、せっかく捕まえた“カモ”を取り逃がすようなこともありません。
一度捕まってしまったら、地獄を見ることになること間違いありません。

返済に困ったら

返済に困ったら

他社借入が6件以上あって、それでも尚、新たな借り入れをしなければいけないということは、かなりひっ迫している状況であることが予想されます。
そのような場合にはそれ以上借り入れを増やすより、債務整理を視野に入れて法律の専門家に相談をしてください。

債務整理は借金の返済が困難な人のための、国が定めた救済措置です。
人生を再生し、新たなスタートを切るためにも、まず専門家に相談することです。
きっと、「相談して良かった」という結果が待っているでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12