おまとめローンについて相談できるところはどこ?

おまとめローンについて相談できるところはどこ?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

おまとめローンとは

おまとめローンとは

『おまとめローン』は、数社からの借り入れを一本化し、返済しやすくするための商品です。
銀行などの金融機関や、場合によっては消費者金融でも扱っているところはあるでしょう。

数社からの借り入れをまとめることで金額の大きな貸し付けとなるため、金利が低く設定されており返済が楽になることが想定されます。

ただし、元々の借金の金利が低い場合にはおまとめローンを利用することで支払利息が増える可能性もありますので、必ず金利を確認しなければいけません。

借入件数が多いとそれぞれの返済日が異なるため、入金し忘れたり、月に何度も入金を気にする必要がありますが、おまとめローンで借金を一本化することで返済日は1日だけとなり、煩わされることがなくなるでしょう。

さらに『おまとめローン』は総量規制の対象外であるため、総量規制一杯の借り入れがある方でも利用することが可能です。
ただし、審査は厳しく、通らないことも想定しておく必要があります。

おまとめローンの相談

おまとめローンの相談

『おまとめローン』は、銀行や消費者金融などによって異なります。
金利や借り入れできる金額、返済金額、審査の厳しさなど、違いがあるので注意が必要です。

もちろん金利の低い商品であるに越したことはありません。
しかし金利の低さにばかりに注目すると、思わぬところで損をすることも有り得ます。
大切なのは、ご自身に合った商品を選ぶということです。

また、場合によっては『おまとめローン』以外の方法が合っているということもあるでしょう。
しかし専門家でもない限り、その判断をすることは難しいですね。

そもそも『おまとめローン』の違いや、『おまとめローン』以外の方法など、一般の人であれば詳しく分かるわけがありません。
そんなとき、相談できるところを知っていれば、判断するために非常に役立つでしょう。

それなら、弁護士に相談はどうでしょう?
債務整理や過払金返還請求など、借金に関する相談と言えば“弁護士”ですね。
しかし借金に関する相談を弁護士にした場合、債務整理を勧められる場合がありますので、本意ではない結果となってしまうことも考えられます。

金融機関に直接相談をするという手もありますね。
金融機関では“お客様電話相談”としてコールセンターを設けているため、電話で問い合わせをすることが可能です。

しかし金融機関に直接相談をするとなると、必ず自社の『おまとめローン』を勧めることは間違いありません。
審査に通るか否かは別にして、まずは「窓口でお申し込みください」と案内するでしょう。

選択肢がなくなってしまうので、自分に合っているかどうかの相談ではなくなってしまいます。
しかし『おまとめローン』の金利や、利用金額に応じた月々の返済額などに関しては、参考になる回答を得ることができるのではないでしょうか。

そう考えると利益に関わらない相談窓口に相談しなければ、公平な意見を求めることはできないということです。
では、公平な立場で相談に応じてくれる窓口には、どんなところがあるでしょう。

公平な立場で応じてくれる相談窓口は?

公平な立場で応じてくれる相談窓口は?

『おまとめローン』の相談に、公平な立場で応じてくれる機関にはどんなところがあるでしょう。

日本貸金業協会

日本貸金業協会は、貸金業者に対するクレームなどを受け付けている窓口です。
しかし、多重債務や生活苦などの相談にも乗ってもらうことができますので、電話で問い合わせをすると良いでしょう。
面談日を決めて面談相談をすることもできますし、電話相談にも応じてもらうことができますので、ご自身の状況で選択して下さい。

消費生活センター

消費者生活センターには『多重債務相談窓口』があります。
日本全国に相談窓口があるので、地域の消費者センターを探してみると良いですね。
国民生活センターのHPに、所在地・電話番号などが記載されていますので、確認すると良いでしょう。

日本クレジットカウンセリング協会

日本クレジットカウンセリング協会は、内閣府の認定を受けた公益財団法人です。
クレジットや消費者金融などの多重債務、借金返済に関するお悩みなど、無料で相談することができます。
カウンセリングは公正な立場で客観的な意見を聞くことができますので、ためになるでしょう。

上記の機関では『おまとめローン』に関する相談にも応じてもらうことが可能ですので、借金に関する詳細などを話せるように用意してから相談すると良いですね。
借金の状況に応じて『おまとめローン』が良いのか、『債務整理』が良いのか、それともそれ以外の方法が良いのか、判断をして提案してもらうことができるでしょう。

アドバイスを参考にして、どの方法を執るのかを決めるのはご自身です。
どの方法になったとしても、借金返済が楽にならなければ意味がありません。
不本意なアドバイスであったとしても、冷静に受け止めてしっかり考える必要がありますね。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12