他社借入があったらやっぱり借りられない?

他社借入があったらやっぱり借りられない?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

他社借入で審査に落ちるのか?

他社借入で審査に落ちるのか?

他社借入があっても借りられるのか?を考える前に、他社借入があることで審査に落ちるのか?についてお話ししましょう。

お金の貸し付けは、返済することが大前提になってます。
お金を貸すことを商売にしている貸金業者では、支払われる利息を利益として計上している仕事しています。

困っている人を助けるだけの慈善事業ではないのです。
ですから、返済されることを大前提とし、もちろん利息が支払われることを前提として貸し付けをします。

つまり審査では「この人はお金を貸してもきちんと返済できるのか?」「返済能力はあるのか?」ということを計ります。

他社借入が多い場合、申し込み者の返済負担が大きいことが想定できますので、貸し付けをすることはとても危険です。
そのような方にお金の貸し付けをした場合、申し込み者本人が返済に苦悩し、万が一返済が滞ったり債務整理をされた場合には貸金業者が損害を被ることになります。
また、総量規制により、年収の1/3を超える貸し付けができないため、その確認も必要ですね。

ですから、他社借入件数や借入金額によっては、審査に落ちることも多いに有り得ます。

他社借入があっても借りられる?

他社借入があっても借りられる?

しかし他社借入があるからといって、絶対に新たな借り入れができないというわけではありません。

銀行や信用金庫などの金融機関であれば、他社借入が1社程度であれば審査に通る場合がありますし、大手貸金業者の場合は2社程度の借り入れであれば大丈夫でしょう。
さらに中小貸金業者の場合は、3~4社の借り入れがあっても審査に通る場合があります。
審査基準は各社異なりますので一概には言えませんが、目安としてはこういった感じでしょう。

しかし他社借入と合わせてほかの要素も審査されますので、1社しか借り入れがない方でも中小貸金業者の審査に落ちる場合もあります。
審査に落ちた場合、その理由を教えてもらうことはできないため、他社借入が原因だったのか?ということは知ることができません。

他社借入がある場合には、借入金額よりも借入件数を重視される傾向にありますので、可能な限り借入件数を減らすようにすると良いですね。
金額の小さな借り入れがある場合は数社を1本にまとめたり、『おまとめローン』を利用して借金の一本化をするなど、借入件数を減らすことで審査に通りやすくなると言えるでしょう。

他社借入6社でもOK?

他社借入6社でもOK?

街角のポスターやインターネットで見かけるこの文言『他社借入6社でもOK!』『多重債務者でも大丈夫!』こんな文言には気を付けなければいけません。
他社借入が6社あっても貸し付けをする貸金業者があるとすれば、それは間違いなく闇金融です。

どうしてもお金が必要で、正規の貸金業者からはもう借り入れができないという方にとっては、この言葉が救いのように感じるでしょう。
しかしそんな救いは一瞬のことです。
すぐに地獄に突き落とされます。

「すぐに返すから大丈夫!」「いまお金を借りられれば立て直せるから!」など、ご自身の目論みなど計画通りに進ませてはもらえません。
毟り取るようにお金を奪い、職場や親族にも迷惑をかけることになり兼ねません。
今以上にお金に困ることになりますので、絶対に利用してはいけません。

闇金融は非合法な貸金業者ですので、自己破産や民事再生などをしても対象外となってしまいます。
どんなに困っていても、絶対に利用をしてはいけません。

さらに借り入れをしたい理由

さらに借り入れをしたい理由

現在、数社からの借り入れがある方が、さらに借り入れを希望する理由はどんなことでしょう。

ご自身が借り入れするのですから、どんな理由であっても良いのですが。
もしその借り入れを借金の返済に使いたいと考えているのであれば、それは借金地獄の始まりになってしまいます。

新たな借り入れは見合わせて、借金の整理をすることを考えましょう。
現状で返済が困難であるにも関わらず、さらに借り入れを増やすということは、それだけ月々の返済額も増えるということです。

それ以上、借金を増やすことは危険です。
債務整理を視野に入れて弁護士や司法書士などの専門家に相談をしましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12