総量規制オーバーでも借りたい場合・・・

総量規制オーバーでも借りたい場合・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

総量規制の効果

総量規制の効果

総量規制とは2010年に制定された制度で、貸金業者に対して『年収の1/3を超える貸し付けをしてはいけない』と規制したものです。

貸金業者はお金の貸し付けをして、利息を利益として得ている業種です。
ですから貸金業者にとって、借金の回収ができないということは『赤字』を意味しますし、貸し付けに制限ができると収入源が減ってしまいます。
総量規制が制定されたことで打撃を受けたのは、貸金業者なのです。

かつて、消費者金融が急成長を遂げた後、たくさんの多重債務者や自己破産をする人がいました。
このことは社会問題にまで発展し、その背景には自殺者の急増もあったのです。
そうした事態を深刻に受け止めて制定されたのが、総量規制なのです。

総量規制ができたことで、利用者は年収の1/3を超える借り入れが出来なくなりました。
そのことにより多重債務者を減らし、結果的に返済が困難になる事態を避けることができますので、債務整理や自己破産をする人を減らすことに繋がるでしょう。
返済できない人が減ることで、貸金業者は回収できない貸し付けを減らすことができます。

総量規制オーバーしている人たち

総量規制オーバーしている人たち

そんな中でも、総量規制オーバーの借り入れをしている人は少なくありません。
総量規制が施行されたのは2010年ですので、それ以前の借り入れが残っていて総量規制オーバーになっている方はいるかもしれませんね。

また、2010年以降の借り入れで年収の1/3の借り入れがあり、これ以上追加の借り入れができない方もいるでしょう。
ほかにも、年収が減ったことで借入額が総量規制をオーバーしてしまったというケースもあるでしょう。

「総量規制があるから、どこの消費者金融に申し込みをしても審査が下りない」
「お金が必要なのに、どうにかならないのか」

などと、困っている方もいるかもしれませんね。

総量オーバーでも借りたい

総量オーバーでも借りたい

総量規制オーバーでもお金を借りたいという方は、総量規制の対象外の金融機関であれば借り入れができるかもしれません。

総量規制は貸金業者を対象とした制度ですので、貸金業者以外でお金の貸し付けをしている銀行や信用金庫、クレジットカード会社や信販会社などのショッピングは対象外となっています。

しかし銀行などの金融機関で借り入れができないとなると、借り入れするためには年収を増やす以外方法はありません。
仕事を増やして収入を増やせば、翌年には借り入れすることができ、追加の借り入れをすることができるでしょう。

では、年収にはどんなものが含まれるのでしょう。
①給与
②年金
③個人事業の事業所得
④家賃収入

上記の4つは年収として認められています。

逆に年収として認められないものを挙げてみましょう。
①宝くじの当選金額
②保険金
③投資の利益
④ギャンブルの利益
⑤退職金
⑥資産の譲渡

上記の6つは収入として認められません。

総量規制オーバーでもOK!!

総量規制オーバーでもOK!!

総量規制オーバーをしていてもお金を借り入れしたいとき、『総量規制オーバーでもOK!!』などという広告を目にすると期待が膨らむかもしれませんね。
街角のポスターや看板、ネット上のサイトなどでは、そのような甘い謳い文句で借り入れを誘うものがたくさんあります。

しかし、総量規制は貸金業法で定められた制度です。
何をどう掻い潜ったら、総量規制をオーバーしていても借り入れすることができるのでしょうか。

そこには実しやかに借り入れできる仕組みが書かれているでしょう。
誤魔化し方なのか、正当な権利なのか、「これであなたも借り入れできます!」という言葉に、つい見入ってしまうかもしれません。
しかし、総量オーバーでもOKな貸し付けなど、闇金融以外に考えられません。

お金が必要であれば、「闇金融でもいい!」と思ってしまう一瞬があるかもしれません。
しかし、闇金融からの借り入れは絶対にしてはいけません。

「大丈夫、来月には返せるから。」などと安易に考えて借り入れをしては、大変なことになってしまいます。
闇金融の利息は法外です。
そして非合法的な取り立ては、ほとんど嫌がらせのように感じるでしょう。

それでもお金が必要なときであれば、「大丈夫。返せるし、利息もしっかり払うから。」と思うかもしれませんね。

闇金融が何のために闇金融をやっているか、分かりますか。
楽をして多くの収入を得るためです。
そしてできるだけ長く収入を得られる状況を作ろうとするでしょう。

甘い言葉でカモを探し、カモには長くお金を払ってもらい、できるだけ多くの収入を得る。
これが闇金融の目的です。
債務者がどんなに完済しようとしても、完済させてもらえず、利息ばかりを回収するのが闇金融です。

どんなにお金に困っても、闇金融からの借り入れは絶対にしてはいけません。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12