他社借入は審査に影響するのか?

他社借入は審査に影響するのか?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

審査基準としての他社借入

審査基準としての他社借入

数社から借り入れをしている方は少なくありません。
返済ができていれば、複数の借り入れがあっても大きな問題はないでしょう。

しかし新たに借り入れをする際には、他社借入が審査に影響することがあります。
つまり、他社借入が原因で審査に通らないことがあるということです。

しかし審査に通らなかった場合、理由が知らされることはありません。
ですから、真意を知ることはできないのです。

事実、『〇社以上の借り入れ』というボーダーラインは貸金業者や金融機関によって異なるため、一概には言えない部分があるのです。

しかし他社借入に関しては各社重要視している部分でもありますので、借り入れに関しては上手に管理をしてできるだけ少数の借り入れにまとめることをお勧めします。
と言うのも、これはどこの貸金業者でも金融機関でも言えることなのですが、重要視されるのは借り入れ金額よりも借り入れ件数であるということが言えるのです。

同じ50万円の借り入れであれば、2社で50万円よりも1社で50万円のほうが『お金の管理ができる人』という印象を与えます。
可能であれば、数社をまとめる形で借り入れ件数を減らしてください。
特に、3社以上の借り入れがある方は、1社か2社にまとめることができないか検討してみましょう。

金融機関や貸金業者では、『おまとめローン』という商品を扱っています。
この『おまとめローン』は借金の一本化をすることが目的となっており、数社からの借り入れを1社にまとめることができます。

『おまとめローン』は一般的に金利が低く設定されているため、一本化することで返済が楽になることも想定できます。
ただし、一本化して完済した借り入れに関しては、必ず解約するようにしましょう。
そのままにしておくと、また利用してしまう恐れがあり、一本化をした意味がなくなってしまいます。
返済が困難になり、借金地獄に陥ることなどあっという間だということを覚えておきましょう。

信用情報機関の記載

信用情報機関の記載

また、他社借入があり、その中で返済滞納などの金融事故がある場合、信用情報機関に自己内容が登録されていることが考えられます。

滞納のほかに、任意整理や民事再生、自己破産などの債務整理をした場合も登録されています。
さらに、借り入れの申し込みも記録として残っていますので、3社以上の貸金業者で借り入れを断られている場合も、審査には不利になるでしょう。

年収の1/3以上の貸し付けをしてはいけない総量規制

年収の1/3以上の貸し付けをしてはいけない総量規制

現在、貸金業法の改正により、「利用者の年収の1/3以上の貸し付けをしてはいけない」という規定があります。
この場合の貸し付けは、1社の貸し付け金ではなく1人の人の借金の総額を指します。

例えば、年収300万円のAさんが新規借り入れの申し込みをした場合。
信用情報機関に照会してみると、借り入れ金が2社90万円となっている。

この場合、Aさんに貸し付けできる上限は100万円ですので、10万円の余裕があります。
しかしほとんどの貸金業者では、10万円くらいの余裕では貸し付けをしないのが通常です。
この場合は、審査に通らないことが多いでしょう。

ただし、総量規制は貸金業者やクレジットカード会社、信販会社が対象となっており、銀行や信用金庫などの金融機関は対象外となっています。

返済計画を立てましょう

返済計画を立てましょう

数社の借り入れがあり、さらに借り入れを考えている場合、必ず返済計画を立ててください。
お金の借り入れをする際、気になるのは「いくら借り入れできるだろう」ということかもしれません。

しかし気に留めなければいけないことは、『借りられる金額』ではなく『月々返済できる金額』です。
返済できないほどの借り入れをしてはいけません。

また、他社借入を返済するために新たな申し込みをするなど、本末転倒です。
「どうしても借り入れをしなければ返済ができない」という場合には、借金を増やすのではなく、借金を減らすことを考えましょう。

新たな借り入れをせず、債務整理を視野に入れて弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてください。
きっと、相談して良かったと思える結果が待っていますよ。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12