おまとめローンを断られたらどうすればいい?

おまとめローンを断られたらどうすればいい?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

おまとめローンの審査

おまとめローンの審査

『おまとめローン』の審査は、一般的な借り入れの審査に比べて厳しいものとなっています。

というのも、『おまとめローン』は複数の借金を一本化し、返済しやすくすることが目的となっている商品ですので、高額な貸し付けとなりますし、金利も低めに設定されているからです。
ですから、借り入れを一本化するために『おまとめローン』に申し込みをしても、必ず利用できるというわけではありません。

お金の貸し付けをする金融機関や貸金業者は、お金に困っている人に貸し付けするのではなく、必ず返済する人に貸し付けをするのです。
まして、大きな金額になれば、間違っても踏み倒されるようなことだけは避けたいと考えます。

ですから、高額な貸し付けとなる『おまとめローン』は、審査が厳しくなるのです。
要は、「最後まで必ず完済できる」と信頼される要素が必要だということですね。

審査に通らない理由

審査に通らない理由

審査に落ちても、その理由を明確にする業者はありません。
どんなに聞いたところで、言葉を濁されてしまいます。
審査内容はそれぞれの業者によってことなりますし、明確に提示しているところなどありません。

審査に通らなかった場合の代表的な理由は、下記を参考にしてください。
・年収が少ない。
・勤続年数が短い。
・借入件数が多い。
・借入総額が多い。
・過去に滞納や債務整理などをしたことがある。

上記のような理由は、どこの業者でも当てはまるのではないでしょうか。

審査に通らなかったら

審査に通らなかったら

『おまとめローン』の申し込みをして断られたら、上記を参考に心当たりの理由がないか考えてみてください。

勤続年数は最低で1年は必要ですし、3年以上あれば安心でしょう。
年収に関しては業者にとって異なりますので、具体的な参考金額を挙げることはできません。

借入件数は、『おまとめローン』の申し込み先が銀行などの金融機関の場合で3件以内、消費者金融などの貸金業者の場合で4件以内が目安となっていますが、業者によって前後することはあるでしょう。

借入総額に関しては、『おまとめローン』は総量規制の対象外となっているため、年収の1/3を超えても問題はありません。
ただし、ご本人の年収に見合った金額を上限として設けますので、それぞれの年収で審査されることになります。

勤続年数が短い場合には、期間を空けて再度申し込みをすれば審査に通るかもしれません。
また、借入件数が多い場合には、可能であればご自身の手元で借金をまとめて件数を減らしましょう。
借入総額が多い場合にはしばらく通常の返済を続けて、金額を減らしてから再度申し込みをすることを検討してはいかがでしょうか。

しかし現状で返済が困難な状態である場合には、債務整理をすることを検討してください。

・任意整理 = 債権者を選んで整理の対象とし、支払利息をカットすることができます。
・民事再生 = 全ての借金が対象となり、借金元本の減額をすることができます。
・自己破産 = 全ての借金が対象となり、借金がゼロになりますが、一定以上の財産を回収されます。

申し立ては弁護士や司法書士などの専門家に依頼をすることになりますが、依頼する前に無料相談を利用することができます。
債務整理を専門に扱う弁護士や司法書士がいますので、インターネットなどを利用して探すと良いですね。

お近くに法律事務所がない場合でも、場合によっては無料出張サービスを行っているところもありますので、ホームページなどで確認すると良いでしょう。
また、弁護士費用などお金のことが心配で相談できないという場合には、費用の分割払いについても相談して下さい。

多くの方が弁護士や司法書士に借金に関する相談をして、借金苦から解放されています。
「早く相談すれば良かった」という方が多く、費用のトラブルなどもほとんどありません。

『おまとめローン』で断られたら、債務整理を検討してみましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12