おまとめローンの契約までの流れは?

おまとめローンの契約までの流れは?

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

おまとめローンの申し込み

おまとめローンの申し込み

『おまとめローン』は、銀行などの金融機関や消費者金融で扱っている商品です。
利用する業者をどこにするかを決めなければいけませんが、『おまとめローン』はどこでも扱っているわけではありませんので、可能な限り資料を集めて比較することをお勧めします。

選択方法として、現在自分が利用している業者で『おまとめローン』を扱っている場合、返済状況が良好な場合は審査に通りやすく利用しやすいという利点があります。
初めて利用する業者の場合、いきなり『おまとめローン』を利用するとなると、審査は厳しくなることが考えらます。

『おまとめローン』は貸し付けが多額となるため、それまでの取引履歴がない場合には業者も慎重になるでしょう。
それだけ厳しくなるということです。

ですから、より確実に審査に通りたいと考えている場合には、現在利用している業者を優先的に候補に挙げると良いですね。
申し込みは、窓口で行うことができます。
ただし、来店不要でインターネットで手続きすることができる場合もありますので、確認してください。

申し込みの際は、身分証明書が必要です。
また、担当者との質疑応答では様々なことを質問されます。
氏名、住所、電話番号、勤務先、勤続年数、年収、住居形式、居住年数、家族構成、他社借入件数、他社借り入れ金額、などなど。

嘘を言っても必ずバレてしまい、かえって心証を悪くしてしまいます。
人間性を試されていると思って、全て正直に申告しましょう。

手続きが完了すると、次に行われるのは確認作業です。
・借入意思の確認
・個人名を名乗った職場の在籍確認
・信用情報機関への照会と申し込みの登録
・本人確認書類の確認

審査

審査

全ての確認が取れたら、審査に入ります。
融資可能であるかどうかの審査ですが、今はどこの金融機関や貸金業者でもほとんどが自社独自審査を行っており、独自の与信システムを導入しています。
審査結果が“融資可能”と出た場合、与信システムに従って限度額を決定して、最終決定となります。

審査に通れば、次は契約です。
契約書を作成し、カードを発行し、融資される運びとなります。

契約成立までの時間

契約成立までの時間

契約が成立するまで短くて30分程度、場合によっては数日後の回答となる場合もあります。
業者によって異なりますので、急いでいる場合には前以て確認した方が良いですね。
『即日融資』を売りにして、申し込んだ当日に融資してもらえる場合もありますので、業者選びの参考にすると良いでしょう。

金利を取るか、速さをとるか、状況や都合に合わせて検討してください。

おまとめローンの融資を受けたら

おまとめローンの融資を受けたら

お金の借り入れをしたら、なるべく早く元々の借金を完済しましょう。
数社の借り入れを全て完済するわけですから、けっこう骨の折れる作業となるでしょう。

『おまとめローン』は、カードローンやキャッシングのように“使い方自由”な融資ではありません。
最初から、“借金の返済”という固定した目的を持った商品ですので、ほかのことに遣うことはできません。

「少しくらいいいだろう」などという気持ちを起こさずに、きちんと返済することに遣ってください。
尚、万が一返済以外のことに遣ったことがバレた場合、契約違反となりますので一括返済を要求されるでしょう。

完済をしたら、同時に解約手続きを行ってください。
勘違いをされている方が多いようですが、完済と解約は別のものです。
つまり、完済手続きと解約手続きの両方を行わなければいけないということです。

まず債権者に電話をします。
完済したい旨と、同時に解約したい旨をお話ししてください。

場合によっては、解約することに難色を示されることもあり、しつこく理由を聞かれたり、解約を止められることもありますので、強硬に解約の意思を伝えましょう。

あとは債権者の指示に従います。
手続きに必要な書類等があれば、用意しましょう。

『おまとめローン』の条件に、元々の借金を完済したら解約することを挙げている場合がありますので、そのような場合は提出する書類等を確認し、必要に応じて用意しましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12