おまとめローンの返済が滞納したら・・・

おまとめローンの返済が滞納したら

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

おまとめローンの特徴

おまとめローンの返済が滞納したら

『おまとめローン』をほかのお金の借り入れと何ら変わりないものだと思っていませんか。
いわゆるカードローンやキャッシングなどと『おまとめローン』は違うものです。

『おまとめローン』は数社の借り入れを一本化し、借金の返済を楽にすることを目的とした金融商品です。
つまり、『おまとめローン』には明確な目的があるということです。

一般的なカードローンやキャッシングは目的が固定されていないため、どんなことに遣っても何を買っても使い道は自由です。
使い道を限定して、利用を禁止するということもありません。

しかし『おまとめローン』はそうはいきません。
『おまとめローン』で借りたお金は、元々あった数社の借金返済に充てるために借り入れしたお金であって、使い道に自由は一切ありません。

特に消費者金融からの借り入れの場合、『おまとめローン』は総量規制の対象外であるため、別の目的に遣うとなると総量規制の対象になるはずなのです。
ですから、『おまとめローン』の利用に関しては利用目的が固定され、返済に関する一定の制限があるのです。

おまとめローンの返済が滞納したら

おまとめローンの返済が滞納したら

もしも『おまとめローン』の返済が滞納した場合、どうなるのでしょう。

滞納に関しては、一般的なカードローンなどの借り入れと同様の対応があると考えてください。
滞納すれば遅延損害金が発生して、支払わなければいけません。
遅延損害金に関しては、法定利率の1.46倍を上限としています。(*利息制限法)

債権者からは督促の電話や郵便物が届きますし、3ヶ月滞納が続けば裁判所から督促状が送られてくるでしょう。
債権者は滞納が続けば、返済を求めて裁判所に訴えを起こします。

裁判所からの督促状は一括返済を要求する内容となっていますので、異議申し立てをして分割返済の交渉をしなければいけません。
黙っていれば認めることになり、一括返済をしなければいけなくなります。

それでも放置し続けると、給料や貯金、家などの不動産、自動車など、財産の差し押さえが強制執行されてしまいます。

もしも滞納してしまったら

もしも滞納してしまったら
もし万が一、何らかの理由で決まった期日に返済が間に合わなかった場合、どのように対処したら良いのしょうか。

まず第一にしなければいけないこととして、「返済が遅れる」という一報を入れることです。
前以て分かっていれば、早い方が良いでしょう。

うっかり忘れてしまった場合にも、気付いたらすぐに電話をして下さい。
こちらから連絡をしなければ、返済日の翌日には必ず債権者から連絡があります。

債権者からは「いつ入金できるのか」ということを必ず聞かれますので、正直に答えましょう。
嘘をついても入金できなければ、何度でも電話がかかってきますし、大切なのは誠意ある対応です。

その際、返済日までの遅延損害金を聞くようにしましょう。
返済金額と合わせて、入金しなければいけません。

もしも二度と返済できない状況になった場合

もしも二度と返済できない状況になった場合

万が一、もう二度と返済できない状況になった場合には、返済期日になる前に弁護士などの専門家に相談をしましょう。
早めの対応が重要です。

債務整理の依頼をすれば、弁護士から債権者に“受託通知”が送られます。
“受託通知”を受け取った債権者は、督促をすることはできません。

また、債務整理が完了するまでは、返済義務も一時的にストップします。
ですから、早め早めの対応が重要なのです。

もちろん、滞納することなく返済できるのが一番ですが、もしも滞納してしまった場合には、大人として社会人として常識ある行動を取りましょう。
誠意ある対応をすることで少し返済を待ってくれることもありますので、その対応が無駄になることはないでしょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12