おまとめローンの追加融資

おまとめローンの追加融資

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

おまとめローンはカードローンとは違う

おまとめローンはカードローンとは違う

『おまとめローン』は、固定した目的があるローンです。
カードローンは使い道が自由なローンで、限度額内で借り入れと返済を自由に繰り返すことが可能なローンです。
ですから非常に人気がありますし、多くの方が利用していますね。

『おまとめローン』は違います。
『おまとめローン』の目的は、数社の借金を完済することです。
借金を完済し一本化することで、返済を楽にする効果がある商品です。

ですから、『おまとめローン』を借金返済以外の使い方をすることは許されません。
万が一、別にことに遣った場合は契約違反となりますので、すぐに一括返済を要求され強制的に解約となるでしょう。

『おまとめローン』とカードローンは違うのです。
限度額内で借り入れと返済を自由に行うことができるカードローンと違って、『おまとめローン』は返済のみとなっています。
上限までの借り入れをしたら、あとは返済を続けて完済するのみの商品なのです。

これは『おまとめローン』であれば、扱っているところが銀行でも消費者金融でも同じことです。

借入をしたい場合

借入をしたい場合

何らかの理由で新たな借金をしたい場合、『おまとめローン』ではさらに借り入れすることができませんので、カードローンなどの新規申し込みをする以外方法はありません。
ほとんどの場合、『おまとめローン』の利用と同時に、完済した借り入れを解約することとなっているため、新たな利用は新規申し込みとなるでしょう。
しかし『おまとめローン』は総量規制の対象ではありませんので、影響することなく新規借り入れをすることができるでしょう。

新たな借り入れで注意すること

新たな借り入れで注意すること

せっかく借金の一本化をしたのに、新たな借り入れをしてしまっては元の木阿弥にもなり兼ねません。
また複数の貸金業者から借り入れをするようになり、借金返済に悩むのでは本末転倒です。
今度は『おまとめローン』の利用も難しいでしょう。

そうなると、債務整理以外に方法はありません。
もちろん、借金返済が困難になることなくスムーズに行われれば全く問題はありませんが、一度返済困難な状況に陥っている人は気を付ける必要があるでしょう。
気を付けていても、気が付いたら大変な状況になっていた!などということにならないように、余程しっかり管理する必要がありますね。

お金は必要になることはありますが、ここで重要なのは『いくら借りられるか』ではありません。
『毎月いくらずつ返済できるか』ということです。

収入に対して、『おまとめローン』の月々の返済額も含めて支出を書き出してください。
把握できていない場合には、家計簿をつけて収支を出してください。
経済的に余裕がある場合には、返済可能だということですから借金を増やしても大きな問題はないでしょう。

ただし、あくまでも返済可能な金額から逆算する形で借り入れ金額を決める必要があります。
経済的に余裕があまりない場合には、借金を増やすことは得策ではありません。
借金地獄へ堕ちる前によく考えましょう。

我が身を振り返って考えましょう

我が身を振り返って考えましょう

ほとんどの方が「今度は大丈夫!」「同じ間違いはしない!」などと言います。
しかし借金を重ねて返済が負担となった状況を思い出してください。
特別な出来事はありましたか?
特別な出来事もなく、普通に生活をしている中で、徐々に借金が増えていったという方は、必ずまた同じことを繰り返します。

借金癖は簡単には治らないのです。
「自分には借金癖はない」と思っているかもしれませんね。
しかし借金癖のある方の多くが、自覚することができずに何度も借金を繰り返し、最終的には債務整理をしなければいけない状況になってしまいます。
既に数社の借金を一本化し、その上さらに借金を重ねようとしているのですから、それはもう立派な借金癖です。
“借金癖がある”ということを自覚し、努力を重ねて借金をしないで生活することを習慣づけましょう。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12