闇金の延滞金の額が恐ろしいことになっている・・・

闇金の延滞金の額が恐ろしいことになっている・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

闇金を簡単に言うと…

闇金を簡単に言うと…

闇金という言葉は耳にしたことがあるでしょう。

中には、「それは映画や漫画の世界の話しで、最近はそんなもの実在しないだろう」と思っている方もいます。
しかし残念なことに映画でも漫画でもなく、実在しているのが現実なのです。

闇金とは、簡単に言うと無登録の非合法な貸付金融業者です。

日本では、貸付金融業者は国や都道府県に登録することが義務付けられており、登録番号をそれぞれに持っています。
登録番号は、各貸付金融業者のHPなどに記載されているでしょう。
正規の貸付金融業者は貸金業法に則った営業をしており、厳しく取り締まられています。
しかし闇金は非合法であるため、無法状態で営業をしているのです。

闇金の金利は異常?

闇金の金利は異常?

闇金の金利は、当然のように非常に高金利となっています。

いわゆる『十一(トイチ)』『十三(トサン)』と言われる、『10日で1割』『10日で3割』或いは『7日で3割』というところもあるようです。

ですから、単純に10万円の借り入れをすると、10日で1万円の利息が付きます。
つまり、1ヶ月で3万円もの利息を払うことになるのです。

闇金の延滞金もかなり高額…

闇金の延滞金もかなり高額…

闇金の金利は上記のように非常に高い設定となっていますが、延滞金も非常に高額です。

目安として5万円の借り入れで、1日の遅れで5000円~20,000円、相場は10,000円となっています。

返済が1日遅れるたびに、利息が付くだけでなく延滞金が付いてしまうため、少しの遅れが致命的に返済金額を大きくしてしまいます。

「たった1日遅れただけなのに・・・」と思うほど金額が大きくなってしまうため、支払いが困難になってしまう方も多いようです。
金利が高いところほど、延滞金も高く設定されている場合が多いため、考えられない金額になってしまう場合もあります。

延滞後の取り立て

延滞後の取り立て

法外に高い金利と延滞金ですが、支払わなければ手荒い取り立てが始まります。

闇金融は、貸し付けのときは一般的な対応をするようですが、一旦延滞をすると急激に人が変わったように態度や言葉や顔つきが変わります。
最初は電話が来るでしょう。
とにかく支払うことを要求してきます。

「いつ支払えますか」
「早く入金しなければ家族や会社にバラしますよ」
「今すぐ支払える分だけ払ってください」
「そんなに待てませんよ」
「他業者を紹介しますから、そこから借りて返してください」

このような電話が、1日に何十回もかかってきます。

暴力行為に及ぶと、傷害で訴えられる可能性があるため手を出すことはありません。
しかし、家に居座ったり、職場へ電話を掛けてきたり、近所に借金の事実を言い振らすなど、嫌がらせはエスカレートしていきます。

警察や専門家への相談

警察や専門家への相談

そんな嫌がらせがあったら、躊躇せずに警察に通報するか、闇金融専門の弁護士などに相談しましょう。

こんなに執拗な嫌がらせも、実は弁護士からの通告があれば一発でその日のうちにストップします。

ほとんどの闇金は、法的手段で訴えられることを非常に恐れています。
暴力団がバックにあるケースが多く、闇金で足が付くことは避けたいのでしょう。

実は支払い義務はない

実は支払い義務はない

実は、非合法な闇金は貸付業者として認められないため、債務者は支払い義務がありません。

ですから、支払っていないからと言って、全く法的な問題にはならないのです。
むしろ、法外な高金利で貸し付けをしたことや、執拗に厳しい取り立てをしたことを罰することができるくらいです。
ですから、闇金にとっては警察や法律家は天敵なのです。

万が一、闇金に手を出してしまい、法外な利息や延滞金を要求されて困っている方は、まずは専門家に相談してましょう。
ただし、闇金専門の弁護士でなければ解決は難しいため、必ず『闇金専門』であることを確認してください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12