どこまで続く?闇金の返済・・・

どこまで続く?闇金の返済・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

違法な貸付業者…

違法な貸付業者…

闇金とは、一言で言うなら“違法な貸付業者”のことです。

本来、日本で貸付金融業を営む場合、国や都道府県への登録が必要となり、正規の貸付業者であれば必ず登録番号を持っています。
しかし、闇金は国や都道府県に登録をすることなく、貸金業法を無視した非合法的な貸付業者だということです。

法外な金利はいわゆる『十一(トイチ)』や『十三(トサン)』と非常に高く設定され、非合法な取り立ては恐怖を煽ります。
闇金とは、決して甘く考えて利用してはいけない貸付業者なのです。

返済が遅れたら悪質な取り立てが・・・

返済が遅れたら悪質な取り立てが・・・

督促や取り立ては、債務者が返済期日になっても入金しない場合に行われます。

しかし現在の改正された貸金業法では、貸付業者の取り立てに制限が設けられています。
例えば、督促のためにできる電話の回数は3回までとし、夜9時~朝8時までの電話やFAXは禁止されています。

さらに、自宅以外への取り立ては一切行ってはいけないため、余程債務者と連絡が取れないなどの正当な理由がない限り、勤務先への電話や債務者の家族などへの連絡は禁止されています。

このように、現在では返済が遅延するなどした債務者の人権にも配慮されています。

しかし闇金の場合、先述にもありますように無登録の貸付業者ですので、貸金業法など一切無視で、お構いなしに違法な取り立てを繰り返し行います。

始めは電話で催促をされるでしょう。
それでも入金されなければ、家族や職場にバラすと脅され、代わりに家族に払わせろ!と詰め寄り、他社を紹介するから借り入れして返せ!と迫ります。

引っ切り無しの家への電話は昼夜問わずに続き、家への居座り、家の前に貼り紙をする、近所に言いふらす、会社への執拗な電話、脅すような発言、など。
債務者の生活を脅かす行為は、入金されるまで続きます。

実際に、そのような生活の妨害行為で引っ越しを余儀なくされたり、職場を辞めざるを得ない状況になった例は、決して少ない数とは言えません。

完済できるのにさせてくれない異常な状況

完済できるのにさせてくれない異常な状況

闇金の返済には、完済できないケースもあります。
完済しようとすると拒まれ、いつまでも利息を支払わせようとするのです。

返済を迫られ、少しでも遅れると厳しい取り立てが続き、完済しようとすると拒まれる。
これがどんな状況かお分かりですね。
一生、利息という名の金の無心をされることになってしまいます。
法外な利息はあっという間に大きくなり、返済額は恐ろしいほどの金額になるでしょう。

本当は元本も利息も返済しないでいいんです!

本当は元本も利息も返済しないでいいんです!

このように、違法な取り立てが続いたら弁護士に相談をしましょう。
ただし、闇金専門でなければいけません。

闇金はバックに暴力団組織が潜んでいるケースが多く、法的手段に出られることを非常に恐れています。
ですから、弁護士からの通告がされれば、その日の内に取り立てはなくなるでしょう。

しかし、弁護士の通告で取り立てがなくなったとして、借り入れした借金はどうなるのでしょうか。
「返済しないままでいると債務事故になってしまうのだろうか」
「いずれ、考えられないほどの利息がついて返済を求められるのではないだろうか」
そのような不安を抱く方も多いでしょう。

しかし心配は要りません。
実は、そもそもが非合法な貸付業者ですので、返済の必要はないのです。

もちろん、利息だけでなく元本も。
返す必要は全くありません。
返さなかったからといって、法的に罰せられることもありません。

一人で悩まない

一人で悩まない

一人で悩むということは、どれだけ苦しいことでしょう。
自分の蒔いた種、自業自得、様々な言葉が頭の中を占拠しても、孤独な辛さに耐えるのは本当に苦しいことです。

「一人でどうにかしよう」など、闇金相手に考えるだけ無駄なのです。
闇金には、どうにもならない仕組みがあるのですから。
どうか、勇気を持って専門家に相談してください。
もう、肩の荷を下してもいいじゃないですか。

恐ろしい取り立てに耐えて、支払えない利息に困惑するよりも、一刻も早く専門家に相談してください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12