ヤミ金の被害から逃れるために・・・

闇金融の被害から逃れるために・・・

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

ヤミ金からの借金は返済が終わらない・・・

ヤミ金からの借金は返済が終わらない・・・

ヤミ金からの借金は、借り入れをするときはスンナリですが、返済は非常に困難で苦しいものとなります。

「きちんと返済すれば大丈夫だろう」と、借りるときには思うかもしれませんね。
しかしそんなに甘いものではありません。

10日で1割や3割の金利で返済を求められるわけですから、仮に5万円借りれば、10日に1度5,000円、或いは15,000円の金利を支払わなければいけません。
そしてその入金だけでは元本は一切減っていませんので、永遠に返済が続いてしまうということです。

たった5万円の借り入れで、利息を月に15,000円、或いは45,000円支払うことになります。

それでも「きちんと返済すれば大丈夫だろう」と言えますか。
ヤミ金の被害に遭わないためには、借り入れをしない、関わらないということが最も有効でしょう。

ヤミ金の被害

ヤミ金の被害

しかし、ヤミ金の巧妙な手口により、利用者は『お金が必要』という弱みにつけ込まれて、借り入れをしてしまうケースは未だ多くあります。
現在、ヤミ金の被害者は1000万人にも上ると言われています。

そんなヤミ金の被害者が最も苦悩しているのは、ヤミ金の違法な取り立てです。

ヤミ金の取り立ては、もはや嫌がらせとしか思えないやり方です。
また、多くの方が家族や周りの人にバレることを恐れていますが、ヤミ金業者はそこにつけ込み職場の人や家族を巻き込もうとするのです。

ヤミ金被害者の苦悩

・毎日、昼夜問わない取り立て
・家の壁に『借金返せ!』や『この家の人は借りた金を返しません』などの貼り紙をする
・家に居座る
・デリバリーや出前など、頼んでいないものが届く
・救急車やタクシーを勝手に呼ばれる
・家族や職場に知られないうちに解決したい
・実家や親戚への連絡や取り立て
・職場への電話や訪問
・同僚や上司に「代わりに払え」や「保証人になれ」などと言って怖がらせる
・子どもの学校への電話
・高金利の返済に限界
・警察に相談したが、実害がないため動いてもらえなかった
・自己破産をしたのに、ヤミ金の取り立ては止まなかった

ヤミ金被害の解決方法は弁護士や司法書士に相談?

ヤミ金被害の解決方法は弁護士に相談?

上記にもありますが、警察に通報しても実害がなければ警察は動いてはくれません。
仮に通報をして警察が駆け付けたとしても、ヤミ金業者の方が「貸したお金を返してくれないんですよ」などと被害者のような素振りで振る舞うでしょう。

実際に刑事罰になるような被害がない限り精々口頭で注意喚起をする程度ですので、ヤミ金業者にとって警察を呼ばれることは痛くも痒くもないのです。
ヤミ金業者もその辺はきちんと把握していますので、どこまでなら許されるか、どこまでやれば捕まるか、くらいは計算の上でしょう。

では、闇金被害に遭っていても解決する方法はないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。
まずはヤミ金被害の専門家に依頼することです。

このとき、インターネットなどで検索をしていると『仲介屋』というものを見つけるかもしれませんが、絶対に依頼してはいけません。
ヤミ金と交渉してもらう代理人は、ヤミ金専門の弁護士や司法書士でなければ確実な解決は望めません。
これは断言します。

「この仲介屋なら大丈夫そうだ」などと騙されてはいけません。

また、弁護士にはそれぞれ得意分野や専門とする分野がありますので、必ずヤミ金専門の弁護士や司法書士に依頼をしましょう。
専門外の弁護士に依頼をしても、受託してもらえず門前払いを受けてしまうでしょう。

万が一、受託してもらえても、ヤミ金との交渉で上手くいくという保障はありません。
その点、ヤミ金専門の弁護士や司法書士であれば、『必ず』解決をしてもらうことができます。

ヤミ金と交渉をしたその日に、取り立ては一切なくなるでしょう。
場合によっては、それまで支払った金額を取り戻してもらえることもありますので、是非、相談をしてください。

ヤミ金の天敵・・・それが弁護士や司法書士

ヤミ金の天敵・・・それが弁護士や司法書士

ヤミ金は法的な措置を執られることを恐れています。

そもそもヤミ金は違法な貸し付けですので、利用者には返済義務はありません。
法律では、『違法な貸し付けに関して返済義務はない』としていますので、ヤミ金は法的には全く成り立っていないのです。
ですから、法律の観点から攻められると非常に困るのです。

また、バックに暴力団組織の存在がある場合には、一人の利用者に関わって法的措置を執られるよりも、組織を守る方を優先します。

ですから、ヤミ金は法律の専門家の交渉を嫌い、煙たがるのです。
ヤミ金専門の法律家は、特にヤミ金にとって痛いところを突きますので、即効でその利用者から手を引くのです。

もしもヤミ金の被害に遭って苦しんでいる場合、悩む時間などただただ無駄です。
すぐにでも弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてください。

「自分に借りた責任があるから・・」「自業自得だから・・」そんな風に思っているのだとしたらそれは非常にナンセンスです、全く無意味です。
すぐにでも専門家を探して相談をして、1日も早く解放されてください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12