ヤミ金の取り立てにはこの対処法が効果的

闇金融の取り立てにはこの対処法が効果的

よく読まれている記事ピックアップ

毎月の借金返済13万円・・・もうこれ以上返済ができないので私はコレで楽になりました

2016.12.09

子供や家族も巻き込まれるヤミ金からの借金

子供や家族も巻き込まれるヤミ金からの借金

元々は正規の消費者金融などで借り入れをしていた人でも、多重債務になったり借金の総額は大きくなると、他社からの借り入れができなくなってしまいます。
そのような場合、つい審査が甘いヤミ金に手を出してしまうケースは少なくありません。

現在、ヤミ金の利用者は1000万人と言われています。
驚くほどの数ではないでしょうか。

ヤミ金は貸してなんぼ、貸せば貸すほどカモが増えるわけですから、簡単にどんどん貸し付けをします。
しかし、多重債務者や膨大な借金の債務者など「返済が難しい人に貸しても、回収できないなら利益にならないんじゃない?」と思いませんか?

実は、ヤミ金は借金を回収するつもりなどありません。
「返せないなら利息だけ払え!」むしろこちらが目的です。

借金があれば利息が発生しますので、利息を10日に1度回収するのです。
そしてヤミ金の回収は、想像以上に強引で強行です。
ですから、返済が困難な人からも、それが子供の小遣いだろうが、家族の病院費用だろうが、或いは生活保護費だろうが、構わず回収してしまうのです。

家にも会社にも迷惑をかけてくる・・・

家にも会社にも迷惑をかけてくる・・・

ヤミ金は違法な貸付業者です。
ですから、ヤミ金にとって貸金業法など『クソくらえ!』でしょう。

非常に高い金利で貸し付けをして、返済が遅れれば電話がかかってきます。
電話は毎日、1日に何度も、夜中だろうが朝方だろうが構わずかかってきます。

家にも来るでしょうし、家の前に酷い文言の貼り紙をされることもあります。
職場への電話や、同僚や上司に「代わりに払え!」や「保証人になれ!」などと言っては怖がらせ、近所への触れ込みや子供の学校までも巻き込む場合もあります。

この嫌がらせのような取立ては、返済するまで続きます。
ヤミ金へは、10日に1回高い金利の支払いをしなければいけない場合が多いため、払っても払っても取立てが続くでしょう。

電話を無視したり引っ越ししても追いかけてくる・・・

電話を無視したり引っ越ししても追いかけてくる・・・

また、電話を無視しても、引っ越しをしても、携帯電話を解約しても、どこまで逃げても・・・。
ヤミ金はどこから情報を得て、どうやって知るのか、必ず逃げた債務者を見つけ出します。
必死の覚悟で全てを捨てて夜逃げをしたのに、数日後には見つかってしまったという例は少なくないようです。

ヤミ金と関わりを持ってしまったら、逃げることは得策ではありません。
見つかったときには、想像を絶する絶望感と恐怖心でいっぱいになるでしょう。

取り立ての間違えた対処法

取り立ての間違えた対処法

電話に出ない

電話の場合、応じなければ避けることができます。
しかし実際に電話を無視し続けると、ヤミ金は必ず家や職場まで取り立てにやってきます。

「返済できない」「お金がない」などと言うと、近所迷惑になるほど大声で脅したり、家に上がって居座ったりします。

仮に、このタイミングで警察を呼んでも、警察が動けるほどのことがなければ何もしてもらえません。
逆に、「貸した金を返してもらえない」などと言われ、トラブルの原因をこちらの責任にされてしまうでしょう。

引っ越し、携帯電話の解約

引っ越しをしたり、携帯電話の解約や着信拒否をしても、全くなんの解決にもなりません。

また、知人や親族など、契約審査のときに知らせた人の住所や電話番号があれば、ヤミ金はそちらに取り立てに行きます。
親御さんや祖父母への取り立てではほぼ確実に払ってもらえるため、ヤミ金業者にとっては逆にオイシイというわけです。

さらに、SNSから友人や知人を調べたり、趣味仲間や習い事まで巻き込むこともあるでしょう。

職場で居留守

会社に電話がかかってきても取り立てに来ても、「いないと言ってくれ」と居留守を使うことが可能な場合。
ご本人はそれで逃げることができますが、関係のない同僚やほかの従業員に暴言を吐いたり理不尽な要求をするなど、常識では考えられないことが起こることを覚悟しなければいけません。
そうなると会社にはもう居づらくなるでしょう。
実際に、それが原因で解雇になってしまう場合もありますので、気を付けなければいけません。

真っ向から立ち向かう

中には、「話せば分かる」とご自身が交渉に乗り出すことを考える方もいるようですが、話して分かる相手であればそもそも強引な取り立てなどしません。
また、警察に通報をして何とかしてもらおうと考える方もいますが、話しは聞いてもらえますが実際の被害がなければ動いてはもらえないでしょう。

効果的な対処法は法律の専門家である弁護士にお任せすること

唯一の対処法は法律の専門家である弁護士にお任せする

ヤミ金の厳しい取立てから逃げるには、ヤミ金の専門家に相談する以外方法はないでしょう。

弁護士の中には、ヤミ金を専門としている方がいます。
相談をするときには、必ずヤミ金専門の弁護士かまたは司法書士にしてください。

弁護士や司法書士とヤミ金業者が交渉をすれば、取立ては即効収まります。

また、場合によっては、それまで支払った金額を全て取り戻すことが可能です。
というのも、『違法な貸し付けに対しては返済をする必要はない』と法律で定められており、ヤミ金のような非合法な貸付業者に対しては、例え借り入れをしても返済する必要はないのです。

返済した金額、数十万円、数百万円が戻ってくれば、簡単に弁護士費用も支払うことができますね。

ヤミ金は絶対に利用してはいけませんし、関わってはいけません。
しかし万が一、利用してしまった場合には、我慢や耐える時間を長く過ごさず、早めに専門家に相談するようにしましょう。

先延ばしにしても何も良いことなどありませんよ。
躊躇せずに、早め早めに相談してください。


おすすめの人気記事

月給手取り17万円で借金総額380万円、毎月の返済額11万円。もう人生詰んだと思ったが・・・

2016.12.15

あなたの借金いくら減る?無料で今スグ診断します!

2016.12.12